ふちゅうスポーツクラブ設立趣意書


トップページ県内の総合型クラブ設立情報>ふちゅうスポーツクラブ設立趣意書

ふちゅうスポーツクラブ 設立趣意書



 
運動してますか?スポーツしてますか?「そんなヒマもカネもない」なんて言ってしまいたい
ご時世ですよね。とは言え、身体にいいこと何かしたいと思っていても、「なかなかきっかけ
がつかめなくて…」っと、ずっと思っている人って結構いるのではないでしょうか。

  行政改革、構造改革、最近耳慣れましたけど、私たちには、どうも人ごとのようなこの言葉。
よくよく考えてみると、今まであたり前のことが「これでいいのかな?」って思うことがあります。
たとえばスポーツをやる人なら当たり前に使用している体育館やグランドの照明。ありがたい
話ですよね、皆さんの税金でスポーツさせてもらってるんですから…。

国の借金700兆円、これも私達が受けてきた恩恵の積み重ねなんでしょうね。何か事業
をするときは先ずは補助金、助成金。そろそろお役所に、おんぶにだっこの考え方を私たち
自身が考え直すときが来ているように思います。

  今の子供たちは「幸せ」でしょうか。TVゲームにインターネット、ひとりでも遊ぶことに事欠か
ない世の中です。私たち大人もずいぶん便利になりました。ひとりで生きていけると錯覚さえ
覚えます。そんな物質的な豊かさを手に入れた私たちはやっぱり「幸せ」なのでしょうか。

たとえば子どもが育てられない親、犯罪の低年齢化、人ごとではなくなってきました。
私たちは便利さと引きかえに大切な何かを置き去りにしてきたのかもしれません。
人は人と関わってはじめて「人間」。人間関係がないところに心の豊かな子どもも育たない
と思います。

  そこで、これからの自分のために、そしてみんなのために、スポーツを通じて何かのきっか
けを作りたいと考えました。昔にもない、今でもない、これからの地域にあった人間関係を…。

 身体を動かす仲間が集まって、わいわいがやがやにぎやかに、自分に合ったスタイルで
スポーツを楽しむ。そんな「クラブ」が婦中町に誕生します。

  このクラブは、町民誰もが参加でき、自分たちで運営し、自分にあった好きなことが選べる
ほか、スポーツ少年団や学校開放で活動するクラブなど従来からのスポーツ活動がより活発
になることを目標にしています。

幸いこの婦中町は、校下体協で社会体育を普及し根付かせてきた先輩方の大きな礎が
あります。そしてお祭りや公民館活動で培った絆があります。このつながりを絶やすことなく
繋げていきたい、これが私たちの願いです。

  これからのわたしたちのために、子供たちのために、そしてそのまた子供たちのために。
まじめさと遊び心を大切に、健康づくりに、仲間づくりに、生きがいづくりに、30年後、
50年後の婦中地区に「あってよかった、このクラブ」になりたくて、「ふちゅうスポーツクラブ」
を設立いたします。

 つきましては、この趣旨をご理解いただき、ご賛同いただきますとともに、より多くの皆様の
ご参加を切に願います。
                                                                                           平成15年3月28日
                                                                                           発起人一同