《氷見市》

    平成15年度はこちら
                                                                  平成16年5月現在

人口(人) 57,491人
スポーツ振興審議会の設置(あり○)
マスタープラン総合型明記(あり○)
小学校数、中学校数、高等学校数 小学校19、中学校6、高等学校2
文部科学省育成モデル事業  
スポーツ振興くじ事業実施年度 H14〜
県単独補助制度  
設置予定クラブ数
クラブ数  
クラブ名    
クラブ設立時期 平成17年2月(予定) 平成18年2月(予定)
会員数    
クラブの規約(あり○)    
メニュー数    
多種目
 (2種目以上〇、単一で多指向△)
   
多世代
 (小中高+成人のメニューあり〇)
   
一貫指導
 (小中、中高にまたがり、発達段階に応じた
  メニューあり〇)
   
自主運営
 (NPO◎、専任事務局員〇、行政の事務局△)
   
施設拠点
 (施設+クラブハウス◎、いずれか〇、他と共有△)
   
受益者負担
 (会費と受講料◎、いずれか〇、全戸集金△)
   
会費徴収    
会費設定(年会費)    
地域性
運営委員会or設立準備委員会
設立準備委員会 設立準備委員会
委員構成    

プラザ(学校体育施設等開放校利用団体)、自治振興委員、公民館、体指、体協(競技団体および、スポ少・中体連・高体連含む)、小学生、小中PTA、児童クラブ、老人会、婦人会

体協(単競技団体および、スポ少・中体連・高体連含む)、市教委、自治振興委員、老人会、婦人会、プラザ(学校体育施設等開放校利用団体)、小学校、公民館

推進母体

体育指導委員

体育協会

   
文部科学省クラブマネジャー養成講習修了者  
富山県クラブマネジャー養成講習修了者 2名(平成15年度)
特徴・育成方針・育成の方向性・
特出すべき活動内容等

・平成16年度にクラブ設立準備委員会を開催予定(年2回)
・学校体育施設等開放校を利用し活動する地域の社会体育推進団体である「プラザ」を母体とした総合型地域スポーツクラブの設立を目指す。

・平成16年度にふれんず設立準備委員会を開催予定。(年3回)
・氷見市ふれあいスポーツセンター、氷見市民プール・トレーニングセンター、氷見運動公園、(財)氷見市体育協会の加盟団体が活用する施設を拠点として総合型地域スポーツクラブ「ふれんず」の設立を目指す。
・「ふれんず」設立の趣旨に賛同し入会した各種スポーツ団体により構成する。

戻る