《砺波市》

                平成15年度はこちら
                                                                  平成16年5月現在

人口(人) 41,945人
スポーツ振興審議会の設置(あり〇)
マスタープラン総合型明記(あり〇)
小学校数、中学校数、高等学校数 小学校7、中学校3、高等学校2
文部科学省育成モデル事業実施年度  
スポーツ振興くじ事業実施年度 H15〜16
県単独補助制度  
設置予定クラブ数 7〜17
クラブ数  
クラブ名  
クラブ設立時期  
会員数  
クラブの規約(あり〇)  
メニュー数  
多種目
 (2種目以上〇、単一で多指向△)
 
多世代
 (小中高+成人のメニューあり〇)
 
一貫指導
 (小中、中高にまたがり、発達段階に応じた
  メニューあり〇)
 
自主運営
 (NPO◎、専任事務局員〇、行政の事務局△)
 
施設拠点
 (施設+クラブハウス◎、いずれか〇、他と共有△)
 
受益者負担
 (会費と受講料◎、いずれか〇、全戸集金△)
 
会費設定  
地域性
 
(運営委員の中に地域の関連団体の委員あり〇)
 
運営委員会or設立準備委員会   
・地区体育振興会連絡協議会
・砺波市のスポーツを考える会
委員構成  
地区体育振興協、地区体育振興会、スポーツを考える会、体協、体指、スポーツ指導者、競技団体、スポ少、学識経験者
推進母体  
 
文部科学省クラブマネジャー養成講習修了者

1名(平成12年度)
1名(平成13年度)
1名(平成15年度)

富山県クラブマネジャー養成講習修了者

 

特徴・育成方針・育成の方向性・
特出すべき活動内容等

・H13、14に地区体育振興会を設立し、総合型クラブの基盤作りを行なっている。現在のところ、 11地区で設立され、4地区で設立準備中である。
・地区体育振興会を活性化させ、地区・校区スポーツクラブ化へと発展させたい。
・H15から体育振興連絡協議会を立ち上げ、各地区での問題点や活性化の方策について話し合うとともに、クラブ化できる地区を探りたい。
・(財)体育協会においても「市のスポーツを考える会」を開催し、一貫指導を重視したクラブのあり方について検討している。

戻る