《魚津市》

     平成15年度はこちら
                                                                  平成16年5月現在

人口(人) 47,065人
スポーツ振興審議会の設置(あり○)
マスタープラン総合型明記(あり○)
小学校数、中学校数 、高等学校数 小学校13、中学校2、高等学校4
文部科学省育成モデル事業  
スポーツ振興くじ 事業実施年度 H14〜
県単独補助制度 H16〜
設置予定クラブ数  
クラブ数  3
クラブ名 大町スポーツ
クラブ
天神文化
スポーツクラブ
うおづ総体
スポーツクラブ
クラブ設立 平成12年5月 平成13年5月 平成16年3月
会員数  約200名 2,681名 211名
クラブの規約
メニュー数 約6 約6 約26

多種目
(2種目以上○、単一で多指向△)

多世代
(小中高+成人のメニューあり○)
一貫指導
(小中、中高にまたがり、発達段階に応じた
 メニューあり○)
   
自主運営
(NPO◎、専任事務局員○、 行政の事務局△)
拠点施設
(施設+クラブハウス◎、いずれか○、他と共有△)
受益者負担
(会費と受講料◎、いずれか○、全戸集金△)
会費設定(年会費) 2,000円 1戸/
1,200円
一般/4,000円
小・中/2,000円
家族会員/5,000円
地域性
(運営委員の中に地域の関連団体の委員あり○)
運営委員会or設立準備委員会
運営委員会 運営委員会 運営委員会
委員構成      
地区公民館、体指、小学校PTA、夜間開放指導員、地区体育振興会、小学校教諭 地区公民館、地区体指、 夜間開放指導員、地区体育振興会 体育協会、体育指導委員、スポーツ少年団指導者、女性スポーツの会、学校関係者、大町・天神スポーツクラブ会長
推進母体    

設立準備委員会

     
文部科学省クラブマネージャー養成講習修了者

1名(平成12年度)

富山県クラブマネジャー養成講習会修了者  
特徴・育成方針・育成の方向性・
特出すべき活動内容等

・スポーツ教室だけでなく、公民館行事や夜間開放活動、住民参加型のイベントや大会など幅広い活動を通して、子供たちの健全育成と地区の活性化をはかる。
・国際大会や国体で活躍した選手を指導者に招いた教室も開催する。
・ユニホックを主力種目として展開を図る。

・家庭、学校、地域の枠を越えて子供から高齢者まで参加できるよう、文化活動も取り入れて地区の」特色を生かした活動を展開する。
・スポーツチャンバラをスポーツクラブの目玉とする。指導に金沢大学のスポーツチャンバラ部の協力を得て指導者養成にも努めている。

・ジュニア期からの一貫指導による高いレベルの選手育成、子供から高齢者までが気軽にスポーツに親しめる環境づくりをめざす。
・魚津市総合体育館と周辺施設を拠点に筋骨体操や水中ウォーキング、弓道、バレーボールなど多種目・多世代型スポーツ教室を行う。
・各地域スポーツクラブとの連絡調整及び、運営に関するノウハウ提供などの広域センター機能。
 

戻る