《八尾町》

      平成15年度はこちら
                                                                  平成16年5月現在

人口(人) 22,584人
スポーツ振興審議会の設置(あり〇)
マスタープラン総合型明記(あり〇)
小学校数、中学校数、高等学校数 小学校4、中学校2、高等学校1
文部科学省育成モデル事業実施年度  
スポーツ振興くじ事業実施年度 H14〜H15
県単独補助制度 H16
設置予定クラブ数
クラブ数 1
クラブ名 やつおスポーツクラブ
クラブ設立時期 平成16年4月
会員数 約700
クラブの規約(あり〇)
メニュー数 47
多種目
 (2種目以上〇、単一で多指向△)
多世代
 (小中高+成人のメニューあり〇)
一貫指導
 (小中、中高にまたがり、発達段階に応じた
  メニューあり〇)
 
自主運営
 (NPO◎、専任事務局員〇、行政の事務局△)
施設拠点
 (施設+クラブハウス◎、いずれか〇、他と共有△)
受益者負担
 (会費と受講料◎、いずれか〇、全戸集金△)
会費設定

未就学児   1,000円
小・中学生  2,000円
高校生以上  3,000円

地域性
 (運営委員の中に地域の関連団体の委員あり〇)

運営委員会or設立準備委員会 

 

運営委員会

委員構成

 

体指、体協、スポ少、レク協、少年野球、少年サッカー、小学校、中学校、PTA,B&G,一般利用者

推進母体

 

運営委員会

文部科学省クラブマネジャー養成講習修了者

 

富山県クラブマネジャー養成講習修了者

2名(平成15年度)

特徴・育成方針・育成の方向性・
特出すべき活動内容等

・H16.4.11設立
・八尾町生涯スポーツ振興計画を策定し、総合型地域スポーツクラブの育成・定着を明記する。
・八尾スポーツアリーナを拠点施設とし、47の教室開催を計画している。
・第1期の教室を開催する中、見えてきた問題点に対し迅速に対応できるように配慮している。
・拠点施設まで出てこれないが地元の公民館等でならやりたいという要望に答え、「出前」教室を開催する。また、子どもを送ってこられた保護者対象のメニューを提供し、会員の輪を広げようと考えている。
・クラブとしては、これまで運動に親しめなかった方々をターゲットにし、機会の提供・環境の整備を進めたいと考えている。
・700名を超えた会員の中で、団体会員の占める割合が高いが、クラブとの連携の部分で曖昧さを残しており、今後の課題ととらえている。また、体協やスポ少など競技団体との効果的な連携についても随時協議を重ねていく計画でいる。

戻る