第2回ジュニアスポーツ交流セミナー 実施記録

◎セミナー内容

■ハンドボール
・ 芝生広場にて活動、立山アルミの選手の指導のもとボールの扱い、ステップ、パス,シュート等を練習する。
・ 選手手作りのゴールと的が好評で参加者の子供たちは喜んでシュートしていた。
・ マスコットのビーバー君も一緒に活動し、後半の活動では35名以上のこともたちが集まった。
・ ほとんどが初めて行う種目のスポーツであったが、次第に慣れルールも理解できるまでになった。

■ティーボール
・ ティーボールコート2面使用、1コートを練習コートとし、あと1面を試合コートとした。
・ 難しいルールながらも、次第にスムースにゲームができるようになっていった。
・ 男子ばかりの活動になるかと思ったが、女子も一緒に活動し、楽しくゲームができるようになった。
・ 後半は、ホームラン競争のような飛距離コンテストを実施しておられた。

■ラグビー
・ 芝生広場半面利用、パス、ランニングパス、コンタクトプレー等を練習し、後半は、ミニゲームも行った。
・ 好天と芝生の感触とで楽しくラグビーをする姿が見られた。
・ 初心者は敬遠しがちな種目かと思っていたが、高岡ジュニアラグビーの中に数名の女子の部員がいたので、気軽に参加する女子の姿もあった。

ソフトテニス
・ 高岡ソフトテニスジュニアの子供たちが多く4面フルに使っての活動で大盛況であった。
・ 他の種目からの参加者の人気もあり、40名以上が前後半とも参加した。
・ 手落しからのグラウンドストローク、ボレーの基礎を練習した。
・ タカギセイコーの部員の方々は、ジュニアの指導に慣れており、参加者を誉めながらうまく指導していた。
・ 高岡ソフトテニスジュニアのメンバーは2種目ともソフトテニスを選択希望したものが多く、今回の趣旨からするとすこし残念であった。 

■全体をとおして
・ 好天に恵まれ、日頃スポーツに親しんでいないようなオープンの参加の子達の数も多かった。親子で半日を有意義に過ごす姿が多く見られた。
・ スポーツのもつ楽しさ、爽快感を味わわせることができたと思う。
・ 夜には、高岡市内で指導者の交歓会も行われ、交流する中から、是非このようなイベントを何度もという声が多数聞かれた。異種目協会間の交流や連携の重要性を感じたイベントであった。
・ 事後、高岡ジュニアラグビーの方から連絡があり、このイベントに来ていたフリーの子供たちが4名新入部員として登録しに来たとのこと。喜んでおられた。


戻る