第2回パレスクラブ研究会 議事録

◎全体協議 「県営スポーツ施設における総合型地域スポーツクラブの育成について」
         
●委員
・ 今立ち上げようとしている総合型のクラブを、県内全体に対してのモデルケースとするのか、あるいはこの体育センターという施設を借りて、大きな形でやっていくのか、どちらがねらいなのか。
・ ここのセミナーやフランチャイズにしているクラブを立ち上げる時には、県と市町村と違う立場で、富山市と競合しないように体育センターでどういうことをするかということが頭の中にあった。
・ 新保地区という地域性を強調した内容のクラブとしてやっていくのか、もしくは、スポーツパレスというフランチャイズを中心としたクラブなら、市町村と競合しない体育センター独自の方向性を持ったものとしてやっていくのか、育成計画のねらいについて今ひとつ分からない点がある。

●富山県広域スポーツセンター

・ 大きく2つのクラブの中身があると思う。1つは競技志向型のジュニア育成から始まる流れ、もう1つは健康づくりを目指す一般の方々へのセミナーである。
・ 結論から言うとモデルになればいいと思う。
・ 新保校下を中心に一般の人を集めるのは、県の施設の役割ではないと思う。従って、新保校下に限らず、可能な限り範囲を伸ばし、こちらにきていただける方を対象に、まずは、振興を目指すようなセミナーと、ジュニアの育成でも可能な限り集まっていただき、本来の競技志向型のセミナーを目指したい。
・ 競技については競技団体が今までなかなかできなかった、やりたいようなものを私どもがお手伝いしようということでスタートしているので、その基本線は忘れない。
・ 富山県は国体に向けて相当力を入れており、特に体操については、富山市総合体育館が素晴らしい体操のピットができたので、これからお互いに進めながらやっていくべきだろうと思う。
・ 各市町村で、例えば、福光なら卓球、砺波ならバスケットボールとか、そういう種目について、このモデルを参考にしていただき、できれば頂点を目指すような総合型のクラブにしていきたい。
・ 総合型のクラブはあくまでも裏方で、競技団体の希望が叶えられるようにしたい。

●委員

・ 競合するというか、理解を得られないと取り合いになってしまう。
・ 選手やメンバーの取り合いにならないようにしないと、クラブの勝手だという声が出る心配がある。

●委員(スポーツ指導者代表)

・ 実際にやる人は施設を選んでくるのではなく、コーチを選んできている。
・ メジャーでない時は場所、指導者のより好みができなかったが、今は立派な体育館、立派な先生方がいる中で、今、ここが一番遅れていると思う。
・ 一番、練習場所、練習時間の融通性がないのがここである。
・ 器具に関しては、体育協会から預かりの形で器具庫に入っているのを、貸し出しの形で借りている。
・ 施設面に関しては、新体操に限って言えば、子供が先生を選んでくるというのだったら、先生と合う、合わないがあるし、施設を選んでくるというのだったら、ここでなくてもというのがあっても仕方がない、というのが今の新体操の現状である。
・ モデル事業としてやっていくのであれば、まず指導者の質、人数、器具などを充実するのが一番だが、やはり魅力があるというのは、外側からの見た目ではないか。
・ お金のかかることだが、新体操に関して言えば、施設面で不安がある。
・ 他の競技に関しては魅力的だが、体操系に関して言えば、富山市の体育館は立派なものがあるし、この場所でモデルとしてやっていけるのか不安がある。やはりモデルとなるからには、一番とか、さすがと言わせるものがないとモデルと言えないと思う。

●委員

・ 協会をバックアップするということで動いているが、協会そのものがビジョンを持つ前に動き始めると、トラブルの原因にしかならないのではないか。

●富山県広域スポーツセンター

・ 競技団体の考え方、方針に基づいてお手伝いするという方針は変わらない。
・ うんどうだいすきのセミナーから一人でも二人でも、次の段階に行って欲しいという願いを込めてやっており、その辺あたりを目玉というかモデルにしたいと思っている。
・ うんどうだいすきのメニューのいろんな複合種目のなかで、それこそ運動を大好きになってもらい、そこから各種目に向かっていって欲しい。
・ うんどうだいすきのセミナーが核となっていくのではないか。

●富山大学教授 北村

・ フランチャイズ(ベース)がいろんな地域にたくさん増えればいいのではないか。

●富山県広域スポーツセンター

・ 育成という意味では、新体操は素晴らしいモデルになったと思う。
・ 立ち上げのスタートの時から考えると、当時世間には新体操のクラブはなく、手探りの状況からここまできた。
・ ようやくあちこちに同じような仲間が増え、今ではそういうモデルがたくさんあると思っている。

●富山大学教授 北村

・ モデルがもうすでにあるわけなので、これがいろんなところにもっと発展的になったらいい。

●委員(スポーツ指導者代表)

・ わざわざここでモデルとしてやらなくても、自分の計画、方針でやっているところがたくさんあるので、今さらあえてモデルということになると、何を提示するのかということがはっきり分からない。

●富山県広域スポーツセンター

・ もっと掘り下げて、足元から始めたい。
・ うんどうだいすきのメニューを膨らませて、窓口を開いてやれないものか。

●委員

・ うんどうだいすきというのは、子供達に運動を好きになってもらって、それにふさわしい競技を、という段取りでやったモデルだったと思う。
・ それが今、ここからどんな風に引っ張っていってやるか。それをもう少し見えるようにしたい。
・ 県の施設ゆえに、ここのノウハウを習って、どこでもできるという意味のモデルにしたい。
・ 子供達については最後の最後まで抱えているということでなくて、トップを目指す子は、もっと強化ができる別の施設でやるという発想もあっていいはずである。

●富山大学教授 北村

・ どういう形でどうしたらやり易いかということも含めて、足らないところの支援をしていく。
・ モデル事業としてやりなさいと言われている中、この機会にモデルを見せてあげたらよいのではないか。
・ 言われていることはもうできているような気がする。
・ 県の施設がどういう形で立ち上がっていくか見せていくということではないか。

●委員

・ 愛好者をどうつなげていくか、具体的に見えない。
・ 運動は好きだが、競技志向ではない愛好者の人をどう引っ張っていくか。

●委員(アリーナ利用者代表)

・ セミナーの第一期生の仲間で、クラブを作り、いろんな種目を楽しんでやっていた。
・ 自分の中でもっとやりたいという気持ちが強かったので、今のクラブを始めた。

●委員

・ うんどうだいすきから、それぞれのところへつないでいくというところが大体見えているところである。
・ うんどうだいすきのメニューをうまく増やせば、愛好者を増やすことにつながっていくのではないか。
・ 愛好者の人に対してはどこで総合型と言えるのか、これから調整していくところである。

●司会者

・ 一つ一つのセミナーがモデルではなく、同質のセミナーを結んで体系を組んで、総合型のクラブとして作り出していくことがモデルになると思う。
・ 一つ一つの活動を見せるのではなくて、取り組み全体をモデルとしたいというふうにご理解いただいて話を進めていきたい。

●委員(シンクロナイズドスイミング指導者)

・ 今は選ぶ時代ではなく、選ばれる時代になってきているのはないか。
・ この先生に教えてもらいたいと思ったら、全県下から集まるはずである。
・ 富山県の県民性から言うと非常に内向的な方が多くて、指導しているスクールでも転勤族のほうが一生懸命やっているのが現状である。
・ 富山県の方は今一歩踏み出せない人が多い。一時間でも二時間でもかけて、この先生に教えてもらいたいと思ったら、来てもいいと思う。
・ 地域と言われるが、国体も含めて、もう少しPRの方法を考えるべきではないか。
・ 他の地域からでも、体育センターにこんな先生がいるから行ってみたいというのも可能だと思う。
・ シンクロの場合は、富山県に二人しか指導者がいないので、遠くからも通っていた人が、なかなか送り迎えの交通手段がなくて、やむを得ずできないということがある。
・ 最初の取りかかりの時は、週に一回とか二回とかというふうに、少しずつ幅を広げていけば競技力の向上にもつながるのではないか。
・ 学校教育では小学校の先生までは一生懸命PRしてくれるが、中学校・高校へいくと、校長先生が理解してくれてどんどん推進してくれる学校と、そうではない学校がある。上の考え方次第なので、その辺をうまく理解してもらうように努力しないとなかなか強化もできないし、普及も中途半端になるのではないか。

●委員

・ 立ち上げの時に、ここをジュニアのメッカにしようという考えたところから始まった。
・ 競技団体がここをどんなふうに見て、どうやっていくかということを分かっていただくかが大切である。
・ 選手を取り合いしたり、なわばりを作ってみたり、反目し合う指導者を作ってしまうような境界線を無くしていかなければならない。

●富山県広域スポーツセンター

・ やるのだったら中途半端になってはならない。
・ 競技団体の種目によって特性があるので、国体を機に仲良くやってみようと思うが、なかなか容易なことではない。

●富山大学教授 北村

・ 団体が学校単位で競技をする時には種目は学校単位の戦いになるので、県が主導的にやるならば、地域クラブの中で活躍することが学校教育の一つの活動、課外活動に見られるような働きかけをしていかないといけない。
・ 地域でのクラブ活動の良さを課外活動にも見合うような評価をしていただきたい。
・ 学校では文化部に入っていて、地域ではスポーツ活動をしている生徒も認めてもらえるようなシステムを作ると、地域が活性化すると思う。
・ 地域でどう支援していくかが大切である。

●委員

・ 学校での活動を無くしておきながら、地域でやろうとした時に学校が足を引っ張る。
・ 総合型のクラブが学校の部活動に代わるという方向にもっていく。部活動がどんどん衰退していく中で、総合型のチームがこの後活躍していくと思う。
・ 学校教育に代わって学校にはない種目を支えていく。
・ 学校に認めてもらえるような運営、体育センターでスポーツしたほうが早く帰れていいと言われるくらいに、信頼されるような運営になれば良いモデルになるのではないか。
・ 中学校の部活動では文化部に入っておきながら、スポーツについては地域でやる。

●司会者

・ この育成計画の中には中学生までは入っていないことになっているが、将来的には部活動を取り込んだような方法も考えられる。

●委員(西部体育センター)

・ なんとなく競技力向上の発想のほうが強い。どうしても話がそちらの方へ流れていくような気がする。
・ 愛好者を膨らませるためのもののようだが、今ひとつはっきり見えない。
・ マイナーなスポーツが浸透するようなクラブを作って、実際にクラブ化となった時に、ある程度自主的になっても予算が崩れてくると、自主運営的な方向になっていかないのではないか。
・ 愛好者の人達の盛り上がりを助けるためにどうすればよいのか。
・ うんどうだいすきの活動を西部でも参考にしたいと思うが、その後の愛好者の方向性はどうなるのか。

●司会者

・ 第一回目の時にそういう話も出たが、確かに選手を目指す子はこちらのセミナーでがんばっている。
・ 選手を目指せないで、または目指す気がなくて5年生、6年生、中学生でも、運動に親しめない子でも、取り組めるようなものがあればいいなということで、今回うんどうだいすきを企画してみた。
・ 競技力向上を目指すところばかりクローズアップされてきて、愛好者のところをもう少しなんとかすればいいのではないかという意見も、確かにいろんな方面からあった。
・ その意見と、ここが本来競技の拠点であったというところが、今のところあまり納得した状態で噛み合っていないのではないかという気はしている。

●委員(総合体育センタートレーニング室)

・ 富山市が陸上競技教室を何年も前からしており、優秀な選手はここが中心となって育てた選手である。
・6、7年間関わってきた先生が今の教室にしたわけだが、そこへ他の市町村の子供から参加したいという要望があり、それを受け入れ、親が週に何回か送り迎えをしていたことから、指導者を選んで選手がきているということが伺える。
・ 指導者さえいれば、何とかなるという話は大賛成である。
・ 競技力向上というところに目が行き過ぎということであるが、私自身も競技をやってきたので競技力向上の考え方は大賛成であり、やはりスポーツをやる以上は、たとえ遊びであろうと何であろうと、人間勝たなければならないのではないかと思う。
・ 勝つことによって自信がついて、その後いろんなところで指導者になれるかもしれない。
・ 本当に辛い思いをして何かをやり遂げた仲間同士は長続きするが、ただわきあいあいと楽しんでいた仲間はそんなに長続きしないのではないか。
・ うんどうだいすきのところで中学校の先生の立場から言うと、私が中学校に勤めていた時にも水泳の飛び込みで全国大会にいくと子供が来たが、中体連が主催する全国大会には一年目はPTAの方から補助して行かせた覚えがある。
・ 硬式テニスをやりたいが、中学校では軟式テニスしかなく、どうしたらよいか相談を受けた時に、とにかく好きな部にどこでもいいから入ってもらって、硬式テニスの練習の日には早く帰って練習をさせるという形をとった。自分の好きなことをやらせたので、中学校の理解がないということはない。
・ 相談すればいくらでも考慮してもらえるのではないか。だが、聞かない限り、親から相談を受けない限り、なかなか学校側は分からない。
・ 担任をしていて一番困ったのは、学校では内申書に部活動の評価を書く欄があり、いろんな大会に出た子供についてはコメントするが、他のところ(地域)でがんばっていたけれども、学校の部活動ではないから内申書に何も書けなかったということもあったし、部活動ではないのでなかなか書きづらいという担任もいた。ただ、そこの校長から何でもいいから書くように言われたことから、地域での活動も部活動として捉えてもらえるのかどうかは、上の考え方一つであると思う。

●富山県広域スポーツセンター

・ 10年前は名誉のある試合でも休むということは、もっての他だったが、国体を機に県内のいろんな施設の整備、指導者数の拡大など、いろんな面で良くなり、学校側は柔軟に対応できるようになった。
・ 学校に相談していけば、それなりにどうにか良い対応ができるようになった。
・ 少子化問題で各学校では学校の規模が非常に小さくなっており、地域でまとめて面倒を見るような、一つのまとまりとして活動できないかということも、学校内では相当話が出ている。
・ 総合型のクラブでは学校でできない分、地域で連携をとってやることができる。
・ 競技力向上と健康づくり → 二面性を持たせてやっていかなければならない。

●委員(総合体育センタープール棟)

・ 小学生の段階ではなんとかなると思うが、例えば一つの種目に興味を持って、いよいよ選手になりたいという時に、バックアップする体制がこのままだとできないとすごく感じる。
・ 学校教育の課外活動にする考え方について、県の教育委員会の事業で広域スポーツセンターをするのであれば、県教育委員会の方から、これも課外活動であると認めるような形にはできないものなのか。
・ 県教育委員会からの働きかけみたいなものをあてにする形のほうが、もっと簡単に中学生、高校生達を集めることができると思う。
・ パレス便りの中に「する人」「みる人」「支える人」がいないと成り立たないとあるが、そのときに「する人」のことばかりを考えてみると、有望ジュニア競技者層のところだけに固まっていってしまうのではないかと強く感じた。
・ このままでは逆に受益者負担とか自主運営が辛くなり、総合型の特色が消えていくのではないか。
・ 強くなればなるほど、それに対してバックアップする(補助する)形がでてこないのではないか。
・ 強い選手は、そのまま自己負担で強くなっていくしかないのではないか。

●委員(総合体育センタートレーニング室)

・ うんどうだいすきはほとんどお金がかからないと思うが、エンジョイスポーツセミナーでは、ビーチボール、バドミントン、エアロビクス、テニス、スキューバダイビングとあり、例えばスキューバダイビングなどする時には、非常にお金がかかるのではないか。借用でもそれぞれお金がかかり、受講料以外にお金がかかってくる。
・ 「スポーツをやっちゃおう」それはいいが、学校でも保護者は会費のかかる部には入らないということもあるので、そういうことを考えたときに、受講料を払ってまだ他に、受益者負担でいろいろ買わなければならないというのは、クラブの運営としては長続きせず、不可能なのではないか。

●司会者

・ 指導者に関してはセミナーの謝金も予算でみているが、用具を使う消耗品費も若干みてある。
・ 自分の用具やユニフォームが欲しいという方は購入されて結構だが、借用とか、こちらで購入した用具等で、ある程度まかなうつもりで計画している。
・ うんどうだいすきは、今までこの体育センターの中だけで活動していたが、アウトドア体験や屋外のグラウンド、他の施設も利用させてもらい、もっと外へ出ていく活動も取り込んでいきたい。
・ 指導者については、これまで決まった指導者でずっとやっていたが、ある種目だけを外部指導者(責任者を置きながら)、例えばシンクロの見学など、競技力向上に結びつくような活動も中に盛り込んでいきたいと考えている。

●委員(総合運動公園)

・ 施設については、広く県民の皆さんに使っていただくということが前提にあるので、うんどうだいすきの中で利用することに関しては全く問題ない。
・ 直接我々の方で指導するという形ではないと思うので、誰か指導する人に来てもらった方がいいのではないか。

●司会者

・ 来年度はセミナーを延長、または拡大した形でスタートさせるわけだが、計画にもあるように、その次の年度に、このうんどうだいすきの拡大版とエンジョイスポーツセミナーの二つを核として、クラブ化に向けるということを考えている。
・ 受講料等を一括してクラブで管理して、それを必要経費にまわしていく。
・ クラブでの自主的な活動に結びつくように、メニューを事務局ではなくて、指導者、または参加者のほうで組んでいく方向も考えている。

●委員(トレーニング室利用者代表)

・ うんどうだいすきがあるなら、ウェイトトレーニングだいすきもあっていいのではないか。中学生、高校生にウェイトトレーニング、一般の人にパワーリフティング、年配の方には重スポーツセミナーということで、ウェイトトレーニングによって技術を増やし、健康を増進してもらう。
・ 今後、他の種目の方それぞれが、もっともっと種目の幅を増やしたいという希望をもつのではないか。愛好のクラブに入れるようにしてもらえないものか。

●委員

・ 発達段階に応じ、子供にふさわしいメニューを与えていかなければならない。
・ うんどうだいすきから、小学生の愛好者層が取り込んだメニューということが見えない。
・ うんどうだいすきから次の段階へいく時に、将来的に技術ということにつながるヒントが見えない。
・ うんどうだいすきの時点で運動能力のある、ないに分かれてしまうのではないか。

●委員(スポーツ指導者代表)

・ うんどうだいすきから何か選んで各種目に分かれていくが、いきなりセミナーイコール全てが競技者層ではないと思う。
・ 多少才能がなくても、楽しみながら音楽に合わせて運動するクラスもあるし、子供達に少々本格的なことをやらせてもいいかなというクラスもある。
・ エンジョイスポーツとか軽スポーツは、いろんなことをやることが愛好だという視点で考えているように思えるが、それだけでなくて、例えばウェイトトレーニングという一つのものに対して、愛好者と競技力向上を目指す人が出てくるものではないか。
・ 水泳にしても、のんびり泳いで愛好していきたい人もいれば、試合に出たいという競技型の人もいる。
・ いろんなことをやることが愛好で、一つのことに絞ることが競技ということではなく、一つの種目の中に愛好と競技があると思う。
・ みんなその種目が好きでやっているわけで、あれもこれもやりたいという思いはあるかも知れないが、その種目が好きで楽しんでやりたい、というのが愛好なのではないか。

●富山大学教授 北村

・ 一週間に一回メニューを変えてやるというのは、おそらく人が集まらないのではないか。

●委員(アリーナ利用者代表)

・ 以前のクラブの時は年間にいろんな種目(ビーチボール、バドミントン、卓球、テニス、太極拳、ビームライフル、ジャズなど)を少しずつ楽しんでやった。
・ なんでもONEというのは、今まで習ったことをひと月に一種目しようという思いと、いろいろやったけど自分はビーチボールが一番好きになったとか、上手になったとかという思いだけのクラブだった。
・ 結局ビーチボールが妥当だということで、ほとんどビーチボールをやっていたが、上手くなりたいというよりも、体を動かせればいいという人のほうがほとんどだった。
・ なんでもONEでやってだんだん面白くなってきたが、このクラブで上達することは無理だと思い、声をかけて同じような思いの人を集めていったのが、今のクラブである。

●司会者

・ 今は軽スポーツセミナーという名前で生きているわけだが、この参加者が今年すごく少なかった。以前はどれだけいたか分からないが、たくさん参加者がいたのがだんだん少なくなって、魅力を感じなくなってきた。そこでもう少し力を入れて、なんとかしたいというのがこのエンジョイスポーツセミナーである。

●富山大学教授 北村

・ エンジョイスポーツで取り込んだ内容は、競技的になる種目のように感じる。
・ みんなが集まっていろんな種目を少しずつ楽しんでやろうというよりも、どうしても勝ち負けのあるスポーツになってしまうのではないか。
・ 上手くなってもう少しやりたいという人の受け皿をどうしていくか。
・ エンジョイスポーツの内容については、もう少し工夫が必要であると思う。
・ 競技スポーツと一般的に愛好するスポーツは、分けて考えなければならないのか疑問がある。
・ 地域単位でその年齢に応じた人たちが集まってくるというのが、地域にたくさんできればいいのではないか。
・ ここのセミナーのことだけ考えるのではなく、受け皿をどういう組織で作って、最終的には県下全体に広めていくということを、念頭において考えるべきである。

●委員

・ いくつかのスポーツを準備しておいて、選抜して楽しめるシステムも必要ではないか。

●富山大学教授 北村

・ ここで楽しくやって、大会でもやることになるというのが大切だと思う。
・ ここでモデルを作らなければいけないということであるが、ここだけにしかないモデルということではなく、県内全ての市町村のモデルとして立ち上がっていくことが大切である。
・ ここを一つのモデルとして、こういう形でやればいいということを見せてあげたらよいのではないか。
・ 年齢とともに上手になりたいという思いは誰でもあると思うので、段階を踏まえてメニューを組んでいかなければならない。

●司会者

・ 屋台村のように同時展開でいくつもやっておいて、これを食べたい時はその時食べておきながら、向こうの屋台も見ることができ、次の時にはそこへ行ってもいい。ずっとそれを食べたい人は、食べ続けてもいいという屋台村のような発想でいけばいいかも知れない。

●富山県広域スポーツセンター

・ 日替わりメニューみたいに、次から次へと変えていくということもあるかも知れないし、あるいは、同時進行で何種類もやっていくということもあるかも知れない。
・ あるいは、曜日によって今日はこういうものをやりますよという中で、自分はこれ一つだけだからその一つに絞ってその時だけというのもあれば、時間があるから二つやろうということもあるかも知れない。
・ 提案者側も何とか柔軟に考えて、いろいろと検討して、たくさんの人がついてくるような形というものを取り上げていきたい。
・ どういうものが一番いいかということを、探してみる段階なのではないか。

●富山大学教授 北村

・ 組織づくりをしないと、いろんな教室を開いたというだけになってしまう。スポーツ振興にはならない。
・ 子供達を引き受けて愛好者も引っ張っていかないと、結局は今までと同じようなクラブになってしまう。
・ システムをどう考えてあげるかということではないか。
・ 施設のキャパシティも考えながらやると、種目が限定されるかも知れない。
・ もうすでにモデルがいくつかあるのだから、その中で上手く広げてやっていけばいいのではないか。

●委員(スポーツ指導者代表)

・ こちら側から一方的にこういうものがありますよと出して、それを見て条件が合う人だけ、やりたいと思う人だけが来るというやり方ではなくて、もう少しマーケティングリサーチをして、どういう形のものをやりたいと思っているか、どれだけやりたい人がいるかという調査をしたらいいのではないか。
・ いろんな種目をやってみたいという人もいるだろうし、その種目に関して何週間かだけやってみたいという人もいるだろうし、もっと徹底してやりたいという人もいると思う。
・ あれもこれも挑戦できて、どれもこれもやってみようではなくて、一番何が求められているか、どういうものをしたら一番みんなが集まってくるかということを、実際に聞いたり、調査したりすればいいのではないか。
・ 私達は「教える立場」「作る立場」「用意する立場」として、「する人」の考え方というのを聞いていかないと、ただ、たたき台みたいにして作ってやってみようというのでは、きっとニーズに合わないと思う。
・ ニーズに合わないものを身に付けていく無駄をしないためにも、やはり最初から調査をしていくべきではないか。

●富山県広域スポーツセンター

・ 今回のプログラムは、全てマーケティングリサーチが終わっている段階のプログラムになっている。
・ 今、年代層的に一番求められているプログラムと、若干仕掛けさせてもらっているところもある。
・ エアロビクス層というのは、最近男性もいっきに上がってきているし、成人女性がやってみたいと思う種目でもある。

●委員(スポーツ指導者代表)

・ エアロビクスだったらここで体験的なことをやらなくても、民間のスポーツクラブでもできる。体験的なものでやりたいと思う人と、エアロビクスという種目を選んでやりたいという人とは違うと思う。
・ 種目を選んでいない人のための体験なのか、または、選んでしまっている人のためにエアロビクスとはこういうものだと提示するための体験なのか。
・ エアロビクスをしたいという人が多いからといって、エンジョイスポーツセミナーの中に盛り込んでも、結局種目を選んでしまうことになったら、エアロビクスの日しか出てこないのではないか。

●富山県広域スポーツセンター

・ 日替わりではなく、一日あるメニューを全部やってもらう。
・ あくまでも種目は「などなど」なので、もっとこういうものをというニーズがあれば、もう少し中身を入れてみたい。

●委員(シンクロナイズドスイミング指導者)

・ 定期的なものでなくて、短期間で2回か3回やってみて、その後に各種目に分かれてやるという方法もあるのではないか。
・ 幅を広げるということはいいが、なかなか人が集まらないということがあると思うので、その辺をもう少し考えていくべきである。
・ 定期的なものでは、分散してしまうのではないか。
・ ある定額のお金を払って平行していろんな種目をやって、ずっと続ける人はできるし、移り変わりたい人は自由にできるということがいいのではないか。
・ その日の選択もできるし、競技の選択もできるというくらい幅があれば理想的である。

●委員(総合体育センタートレーニング室)

・ この体育館の立場で言うと、あちらこちらでセミナーをするというやり方をすると、この広域スポーツセンターだけの体育館ならできると思うが、やはり県の体育館だし、いろんな協会、団体が使いたいといった時に、このパレスクラブだけで使っていて、いろんな時間の制約があった場合に、この体育館の機能が失われてしまわないか心配がある。
・ 自分達で活動しているクラブの方と同じ時間帯になってしまうと、場所の取り合いというものもでてくるし、今までずっとここへきていた人たちにも迷惑がかかるようなことは避けるべきである。

●司会者

・ 理想に近づけば近づくほど、場所や時間の問題がでてくるので、その辺の兼ね合いを上手く調整しながら、この事業を進めていかなければならないという気がする。

●委員(西部体育センター)

・ 西部体育センターにもうんどうだいすきに似たような種目があり、子供達にいろんな運動をさせてやりたいという思いがある。
・ 体育館の中だけで活動をしているが、うんどうだいすきの外での活動(アウトドア体験など)の構想を聞いて、西部体育センターのほうでも今後参考にしていきたい。
・ こちらの構えとして、広く子供達のためにどうしてやったらよいかということを、もう少し考えなければいけないと改めて感じた。
・ 砺波にある西部体育センターは、県の施設だからどこの地区の人でも利用してもいいはずなのに、砺波の人だけが使うものだという解釈があるらしい。
・ 小学校の体育館が使えるので、わざわざお金を払ってまで練習や試合をするという人が少ない。
・ パレススポーツセミナーの受講料は、はっきりいって高いと思う。西部体育センターではたくさん用具を買ってあるので無料でどんどん貸し出しながら、この金額よりももっと安い金額でできると思うが、補助金がなくなったときに自主運営ができなくなることも考えられる。

●富山大学教授 北村

・ すでにやっているフランチャイズを持ちながら総合型をやっていくのが苦労するところではないか。
・ モデル的に種目、指導者をそろえながら地域でやっていくことになれば、もっと大胆にできると思う。

●委員(シンクロナイズドスイミング指導者)

・ 地域であまり普及のしていないスポーツでも、やりたいという人もたくさんいると思うし、愛好者がどれだけいるのかということも、やはり具体的にリサーチして、地域で何が重要かなのかとか、今どういうスポーツがやりたいのかという受講者の立場を考えたことをやっていけばよいのではないか。

●富山大学教授 北村

・ ここで地域と上手く連携をとって、モデルとしてやっていくために相談をされながら、どこまで突き詰めていくのかということをもっと意見を出し合って協議していけばいい。
・ 既存のフランチャイズのクラブには我慢してもらうこともあるかも知れない。
・ うまく調整してフランチャイズもセミナーも生き、体育館がフルに活用されれば素晴らしいと思う。

戻る