■第2回総合型地域スポーツクラブ育成研修会:新川地区

挨拶
山森指導課長(広域)
 日頃、市町村、地域、学校などにおいて、子どもたちのスポーツ活動に力を入れていただいて、ありがとうございます。
 総合型とは「自分達の地域ですべての人のニーズに合ったプログラムをそなえたスポーツクラブを、自分達で運営して、スポーツを通じた町づくりにつなげていけたら」というものです。
 少子化、指導者不足、学校部活動の休・廃部、企業スポーツの衰退、地域のコミュニティー不足など、社会環境、スポーツ環境に様々な変化があり、スポーツ環境の変革を求められている。日頃の活動や指導での問題点や課題などを話し合ってみてください。

事務局説明

部会協議
 「新川地区各市町村のジュニアスポーツや学校部活動の問題点や課題について」
  1,学校教員から部活動やスポ少においての現状や問題・課題の発表
  2,学校関係者以外は、まわりから見た部活動やスポ少の現状や問題・課題の発表
  3,課題や問題点について総合型クラブの事例から参考になるものを発表

A部会
○ 4年前に小学校の統合に伴ってスポーツ少年団も見直しを行い、無くなった団や合同で活動する団ができたが、なかなか団員が集まらない現状がある。
○ あるスポーツ少年団の保護者の懇親会に児童も参加し、アルコールを飲ます場面もあり、生徒指導上問題があった。
○ 中高一貫教育に取り組んでいるが、部活動においては、合同で活動することで少数をカバーできたり、進学でつながりが持てたり、成果が上がっている。
○ テニススポーツ少年団だが、団員数も多く活発な活動を行っているが、指導者の高齢化が心配である。現在は、小中学校の指導者が来てくれている。また、中学校にテニス部がなく(多くはソフトテニス部)競技に一貫性が持てないので、是非、テニス部を作って欲しい。
○ 総合型スポーツクラブと中体連・高体連との関係がどうなるのか見えてこない。
○ スポーツ少年団の活動は盛んだが、少人数で活動しており、今は勝つことより育てることを考えて取り組んでいる。また、子どもは、スポーツをするより家で遊ぶことを好み、スポーツ少年団離れをしているのではないか。
○ スポーツ少年団の種目数が増えており、掛け持ちで活動したり、自分の学校のスポ少ではなく他の学校のスポ少に加入したりと、活動量や人間関係などを考えると心配である。
○ 小学生の現状を見ると疲れていると思う。夜遅くまで活動したり、スポ少中心で勉強が疎かになっている。ゆとりを持って取り組める環境が必要である。
○ スポーツ少年団の活動に対して、保護者の意見を聞いてくれる場がない。
○ スポーツ教室等のねらいは、スポーツ嫌いの人や体を動かすことの少ない人に、その機会を提供することにある。また、競技力向上を図るには、競技人口を増やすことが大切である。
○ 最近の子どもは、外遊びが少なく体力の減少が見られる。また、人間関係を作るのも下手である。そういった事から考えれば、スポーツクラブはよいのでは。
○ なぜ、ここに教員が多く集められたのかわからない。もっと地域の方々のほうが良いのでは。
○ バレーボールスポーツ少年団だが、指導者は4人いるが、勤務の関係などで指導に行けない事がある。また、他と掛け持ちで活動しているため試合に出ることが出来なかった。
○ 総合型地域スポーツクラブは、キーマンを見つけることが大切であり、町の枠を外して地域を広げて取り組むことが必要である。
○ 熱心に活動しているが指導者の後継者不足が心配される。また、単一の種目しか出来ず、子どものニーズに合っていない。
○ 総合型スポーツクラブとスポーツ少年団との関わり方や関係が見えてこないのに今までの問題がスポーツクラブを作ることで解決されるのか疑問である。

B部会
○ スポーツ少年団の現状(学校関係者より)
児童が減少してきている。スポーツ少年団の団数は変わらないので、加入時には取り合いになる。
今後、少年層のスポーツ活動が総合型で取り込まれると、スポ少自体が衰退していくのでは。
スポ少に入って、3,4種目やっている子もいる。
指導者と競技者のバランス、主体性と強制のバランスがくずれている。
同じ種目でも、チャンピオン、楽しみ、その中間の3つの目的に応じた活動ができないか。(多種目・同目的の活動展開)
加入数は、減ってきている。スポーツをする子としない子の2極化が目立つ。総合型では、スポーツになじめない子がスポーツにふれ合う機会の場になると思う。
わが町では、少子化が著しく、団体種目ではチームが作れない状況。女子のスポ少はない。加入学年の低下、女子との合同化を実施している。特に問題なのは、スポーツ少年団の指導者不足である。

○ ジュニアスポーツの現状と問題点(学校以外のスポーツ関係者より)
黒部市体協では、総合型の活動の中に、学校スポーツの中でも学校でまかなえない部分をお手伝いする形のものを行っている。今後、体育の授業時数の減少にともなって、児童生徒の体力低下や運動能力の低下を心配する声があがれば、いくらでも社会体育の中でお手伝いしたい。
運動の好きな指導者が、子どもたちといっしょにやっていくのがベスト。子どもへの過剰な負担はさけ、いつまでもそのスポーツを続けられるようにするべき。そのためにも、多くの大人が、「楽しさとは、何をどうするのか」を共通理解しないといけないと思う。

○ 指導者について
総合型という組織を充実させていくためにも、指導者の資質が大切になると思う。そのためにも資格のある指導者の確保が大切。
わが町では、資格をもっていなければ指導できないというのではなく、スポーツに関わってもらえるよう、資格の有無を問わない。総合型においても同じように、指導者については弾力性を持たせたい。

C部会
○ 部活動に海外からの指導者が来ているので、現在の指導は充実している。反面、今後その指導者がいなくなると、活動が衰退するのが目に見えている。
協会から審判法の指導のため高校を訪れたり、高校生が中学生の指導に当たったりしている。
○ H15のクラブ設立に向け準備中。ワーキンググループで定期的に会議を行い、クラブ設立に向け、いろいろな声を聞いている。
○ 体育センターで各年齢にあった教室を展開している。教室参加者等にアンケートを行っている。
○ スポーツ少年団では、少子化により存続が危ういところがある。
○ 町では国体で行われたアーチェリーに力を入れているが、中学校の部活動に指導者が
いない。
○ 近年、屋外で遊ぶ機会が少なくなり、児童の身体能力が低下しているのではないか?
○ テレビゲーム他、現代の子供たちにはいろいろと楽しい事が多い。子供にスポーツを選択してもらうには、どうしていかなければならないかを考えていく必要がある。
○ 楽しむスポーツと競技スポーツは相対するものではないか?
○ 私の町のスポーツ少年団では、性別によって選べる種目が決まってしまっている。
○ 底辺拡大、競技力向上のためには、たくさんの指導者の確保が必要である。 
○ スポーツ少年団の移動は、親掛りになっている。
○ 現在、早い時間から指導を行っている少年団があるが、指導者が変わったり、指導者が都合で来られない場合の安全面などに不安がある。
○ 各市町村によって総合型地域スポーツクラブに設立に向けて、いろいろなパターンがあると思う。そんな中で、総合型地域スポーツクラブが良いのは分かるが理想に向かって急ぐのは危険であり、じっくり論議されるべきである。
○ スポーツ少年団は活発である。反面、学校の週5日制に伴い、いろいろな行事が計画されているが、それに参加したいがスポ少活動が忙しいため、参加できないのが現状である。
○ 中学生の部活動がゴミの始末等を注意される場面があった、大人と一緒に活動する機会があれば、このようなことは少なくなるのではないか?
○ 下校にスクールバスを利用しているため、放課後学校に残って遊ぶ子供の姿は少ない。
○ 地域の方に、学校を利用してもらい活気のある学校になれば・・。
○ 総合型地域スポーツクラブに向け、地域の方へのPRを多くして、アンケート等で意見の吸い上げ等を行う必要がある。
○ スポーツ少年団・中学・高校の指導者間で、指導法批判等が聞かれる。指導者間の連携不足である。合同部活動も連携が大切である。氷見市のように、小・中・高が各々大きな大会へ進むと他の指導者が出向いて、指導をしたり手伝ったりといった連携がとられている。このような形が総合型地域スポーツクラブに近いのではないか?
○ 競技力の向上と底辺の拡大は、ギャップがあるのではないか?
○ 小学生の遅くまでのナイター練習は、健康上問題があるのでないか?
○ スポーツ少年団や部活動を行って、それにプラス総合型地域スポーツクラブに参加するのは子供に負担が多きいのではないか?
○ 子供に疲れ・ストレスがたまらない程度の活動にすべきである。
○ 子供が歩いて行ける場所での活動がいい。

5 総評・指導・助言
 「部会の諸問題に対して総合型地域スポーツクラブ育成による事例、成功例等による課題解決の方策」
        助言者  金沢大学教育学部助教授  佐 川  哲 也  氏

 総合型は国や県の動きにより、強力に推進されている。既存の団体にしてみれば、総合型とは脅威の団体に思えることでしょう。
 今までは「組織 対 組織」という考え方でしたが、これからは個人(プライベート)としてスポーツを見直した方がいいのではないか。ヨーロッパ型の考え方(個人として)と、日本型の考え方(組織として)の両立を考えてみる機会がきている。
 近代のスポーツの歴史はせいぜい100年。スポーツが教育に優れているということで、日本では学校でのスポーツに力をいれた。本来スポーツは楽しむため(ゲーム中心)だったが、日本では練習中心の活動になってきた。そして大人はゲームを楽しみ、子どもは練習ばっかりという図ができている。大人と子どものスポーツのあり方の共通を考えなくてはならない。

6 閉会の挨拶  21:00〜21:10
      富山県教育委員会スポーツ課生涯スポーツ係長 宮崎 豊

 研修お疲れ様です。問題点や課題を話し合ういい機会だったと思います。話し合ったことを参考にそれぞれの地域で豊かなスポーツライフを築いていってください。
 富山県では県内の市町村に派遣スポーツ主事が配置されており、総合型の研修会や会合を行い研修を積んでおります。ご質問やご意見等は遠慮無く申しつけください。また、富山県広域スポーツセンターでもスポーツ専門員やクラブマネジャーを配置し相談業務や各市町村訪問業務を行っております。ご用の祭は遠慮無く申しつけください。
 本日はご多忙の中ありがとうございました。

 

戻る