■第4回総合型地域スポーツクラブ育成研修会:富山地区

挨拶
山森指導課長(広域)
日頃、スポーツの活動または普及・振興ご苦労様です。
広域は総合型スポーツクラブの全県展開を目指しております。スポ少指導者、学校教員にしてみれば、総合型?と思うことでしょう。総合型とはスポーツ環境の変化に伴い、地域でスポーツの環境を豊かなものにし、スポーツを通じて街づくりをも考えましょう、というものです。そのためには、スポ少、学校との連携が不可欠となります。
今日は日頃思っていることなど、活発な意見交換をしてください。

事務局説明

部会協議
 「富山地区各市町村のジュニアスポーツや学校部活動の問題点や課題について」
  1,学校教員から部活動やスポ少においての現状や問題・課題の発表
  2,学校関係者以外は、まわりから見た部活動やスポ少の現状や問題・課題の発表
  3,課題や問題点について総合型クラブの事例から参考になるものを発表

A部会
・スポーツ少年団の活動が加熱しすぎている。一貫指導が大切。
・中学校の部活動では、顧問の先生の力量に頼るところが大きい。(スポーツエキスパートでは不十分)総合型地域スポーツクラブは、種目の一貫指導だけを目指すものと認識していた。
・子供たちの多種多様なニーズに応えるには、一つの種目に限定しない方が良いのではないか?将来、子供たちが指導者として地元に戻ってくるような指導をしていきたい。
・運動部活動がなくなることに対して、現場の先生方は、どのように感じているのだろうか?(寂しくないのか?)
・小学校から中学校、中学校から高校と年齢が上がるにつれて仲間が辞めていった。
社会人になってまた始めようと思ったが、やっているところがなかった。
・ヨーロッパ型のスポーツクラブを日本に取り入れるには、まだまだ時間がかかるのではないか?
・中、高一貫指導というが、現実にはなかなか難しい。一人二人の指導者ではできないので、もっと協力してくれる人が欲しい。
・運動部活動は、学校(生徒)に活気を与える。もっと運動部を指導できる教員を採用するなど教育全体の見直しが必要ではないか?
・指導者はボランティアというが、ヨーロッパでは、そのような考えはない。また、受益 者負担というが、会員以上に行政が莫大な費用を施設などに投入している。
・クラブに加入できるのは、エリートだけという心配もある。
・小学校時代にもっと遊びを経験して欲しい。(余裕のあるカリキュラムを)

B部会
学校関係者
・ 学校教育の一部である部活動は、技だけではなく、精神的な高まり・人間的な成長を期待して取り組んでいる。その中へ一般の方が入り込んでくることには違和感をもつ。指導方針や指導方法の調整、生徒との関係、いろいろ複雑な問題が存在していると思う。
・ 専門では無い種目を担当させられた苦痛、また運動が得意でない者にとって、運動部の顧問は負担である。仮に、外部から指導者が入ってきたとして、顧問と指導者との関係が微妙だ。その種目の素人の顧問が、その道のプロの指導者にどうかかわっていけるのか疑問である。また、生徒と指導者、生徒と顧問の関係も微妙だと思う。
・ 五日制になったことで、子供たちは前よりも忙しい日々を送るようになった気がする。各地で行われる行事が増え、自主的に参加するのはいいのだが、参加者の確保のために「動員」がかかっていることもあるようだ。また、地区の行事のために、両親がお世話に出て行かれ、家庭で一緒に過ごすことができない状況も生まれている。
外部の目
・ スポ少と中学校の部活動で、指導の一貫性がなく、子供たちが戸惑っている。
・ 外部指導者に任せる場合、心のケアまで任せることができるのか。(内面的なつながりが期待できるのか)
・  規模が大きくなると施設の、確保が難しくなる。
・  楽しくスポーツに取り組む部分と、チャンピオンを目指す部分のすみわけが必要だと感じる。(受け皿)
・  指導者の確保が難しい。
・  大人の意識が先にいき、過熱気味のスポ少。子供たちの思いはどうなっているのだろうか。
・  スポーツが好きな子、得意な子はスポ少に入る。それ以外の子供がスポーツに親しめる環境を作ってあげたい。

C部会
・ 舟橋中学校には3つの運動部があり、専門外の種目の担当になることもある。自分も専門は陸上だが、野球部の顧問をしている。校務分掌が多忙になり、指導できない時も多く、外部指導者にお願いすることもある。しかし、外部指導者の場合、指導日が土・日曜日になることが多く、その指導者の影響が大きい。
・ 子供の生活の中で、運動量が減っている。スポーツ少年団や地域のスポーツ活動にたよる傾向が強く、運動する子供とそうでない子供の体力格差が広がっている。スポーツ少年団に入っている子も、単一種目のため、自分がやっている種目は素晴らしいが、違う種目になると、基本的なことも全然できないといった子供も見受けられる。
・ 自分の地区では、スポーツ少年団は体力向上を主にして進めている。最近は、スポーツ少年団の他に、クラブ形式で活動している団体も増えてきているが、それらまで、スポーツ少年団と呼ばれてしまう。
・ 大山町では小規模のため、スポーツ少年団の活動が、シーズン制でいろいろな種目を行っていた(夏は野球、サッカー、冬はスキーなど)。大規模なスポーツ少年団になると、単一種目化してしまうのではないか。
・ 大きな校下では、限られた施設ではみんなが集まれない。既に体育館等の体育施設は、利用団体でびっしり埋まっており、新たな活動はできないのが現状である。このような状態でクラブを作っても、名前だけにならないか。
・ 小学校の高学年は、技術を身に付ける時期と聞くが、スポーツ少年団で何を目指すべきなのか。
・ 体力向上を主とするならば、スポーツ少年団は遊びの延長でよいのではないか。
・ 滑川市では、スポーツ少年団は全て単一種目で行っている。年度初めの結団式以外は全体で集まることはない。子供には勝つ喜びも伝えたい。そのためには技術を教える必要があるし、小学生の時から単一種目をさせた方がよいと思う。総合型地域スポーツクラブには抵抗を感じる。送迎等の問題もあるし、一つにまとめてしまうことが本当に良いことなのか。
・ 総合型地域スポーツクラブは、今あるものを無くしてしまうことではない。今のままできるのであれば、クラブに新しい価値を見出していけないのか?
・ 部員数が少ない種目や、大人と一緒に練習ができる種目ならよいが、野球やサッカーは人数も多いし、大人と一緒に練習することもなくてよい。クラブ化する必要はないのではないか。
・ 小学生のスポーツ指導を週に一回行っていたが、自分自身が苦しくなり、できなくなってしまった。やはり、指導者の負担が大きいと思う。また、種目によって指導者や保護者の考え方や関心が違うので、活動に差があるように思う。垣根を取り払う場が必要である。
・ 現在、ビーチボールを指導している。大人も入れて40名ほどだが、スポーツ少年団に入っている子供の中には、自分の種目が終わってから参加している子供もいる。バレーボールというと競技志向だが、ビーチボールはレクレーション志向のように感じた。ビーチボールをはじめたのがきっかけで、他のニュースポーツもやり始めた。50,60代の方にもやってもらいたい。
・ クラブ化した場合、専属の指導者が必要ではないか?高齢者の場合、日中から指導が受けられるようにできないか。また、小・中と連続して指導できるようなシステムも必要である。その際、中学校としての部活の役割もあるので、配慮が必要である。
・ 現在、指導者として生活できない。スポーツの指導がボランティア的活動になっていることも考えていかなくてはいけない。実際に指導している人は、責任感をもってやっている人である。
・ 小学校から高レベルな指導が要求されている。
・ 自分の子供が、小学生の時スポーツ少年団でやっていた種目が中学校になく、とても悔しい思いをしていた。顧問の先生が多忙で部活に出てこられないのは、よく理解できる。しかし、子供たちが納得できるように指導してほしい。指導者にも余裕がないといけない。
・ 自分は幼児対象のスポーツ教室に指導者として関わっているが、幼児期に親子の遊びが不足していると感じることがある。

D部会
指導者
・ スポ少は毎年保護者や団長が変わるので、一貫した指導が難しい。子どもの親の中からではなく、地域の方に指導者をお願いしている。指導者は「気楽に参加できるスポ少を!」と願っている。
・ 勤めている人が毎日決まった時間に指導するのは難しい。昔は夏休みに朝練をしていたが、今は限られた回数しか練習できない。準備運動から体づくりまでを保護者にお願いし、その後指導者が実践的な指導を行うよう工夫している。また、3年生は保護者といっしょに練習するようにしている。
・ スポーツの日を毎月1日設け、ケーブルテレビで宣伝したり、コミュニティーバスで巡回したりするなどの取り組みを考えているが、なかなか実現しないでいる。地域には指導者がたくさんいるはずだが、なかなか出てもらえない。そんな人たちをどうやって引っ張り出すかが課題である。
施設
・ 施設によっては競技志向の強いクラブチームが多用しているので、より多くの人たちに利用してもらえるようにメニューづくりを工夫しているところもある。
・ 自分たちが自由に使える場所(拠点施設)が必要である。学校に迷惑をかけないですむようにしたい。できれば施設を管理するマネージャーもいればなおよい。

組織
・ 小学校の統合によって、野球チーム数が減る反面、1チームに人数が集中するため、指導が大変になる(監督・コーチが6〜7人は必要)。
・ 富山市内のある小学校では児童にどこかのスポーツクラブに入るよう、強く勧めている。少子化問題だけでなく、親に対してもスポーツを理解してもらう努力が必要である。
・ 小学校で野球をする女子が増えており、活躍しているが、中学校での受け皿が準備されておらず、続けられない子が結構いる。小学校6年生と中学生との合同練習会を行い、継続していけるよう工夫しているところもある。
・ 地域での話し合いは限られた日とだけで行っていた。いろいろな立場の人たちが一堂に会し、話し合うことが大切だと思った。逆に、たくさんで話し合うと自分に都合のよいことばかり口にして、まとまらなくて大変なこともある。
・ スポーツ少年団が単一種目化している。本来、スポ少の目的はそうではないはず。総合型のクラブができれば多様な種目に取り組みやすくなり、よいきっかけになると思う。

E部会
・ 小学校の時所属していた空手部が中学校になく、部活動が全員加入制なので仕方なく別のクラブに入った。現在母親が空手部を作るように学校に働きかけている。
・ 子供の生活環境が変わってきており、スポーツに対する親と子供の意識の違いが感じられる。一環指導、スポーツを楽しむ等様々なニーズに対するスポーツ環境を大人はどう用意してやるかが課題である。
・ 小学校の時、スポ少に入っていない子供が中学・高校で部活を始めても、なかなかついてゆけないのが実情である。総合型地域スポーツクラブがそのあたりをどの位カバーできるのか問題である。
・ 現在のスポ少の活動をみていると、指導者主導で子供たちの自主的・主体的な活動が無いように思える。監督やコーチがその活動を通して、何を身につけさせたいのか意識改革が必要だと思う。
・ 児童生徒が減少している地区などでは、各競技による子供たちの取り合いになっている。また、強いチームを作るために選手を選抜する勝利至上主義がみられる。
・ 総合型地域スポーツクラブを立ち上げる際に、行政側の支援がなかなか得られない。(拠点確保の問題)もっと十分な話し合いを行い、合意の上で設立に向けて取り組まなければならない。

F部会
・ 滑川市で小学生を対象にした、バレーボール教室を開催しているが人気がなく参加者が大変少ない。スポーツ少年団との連携を図りたいが、関係者との合意が得られないことや連携の方法が困難である。子供たちのスポーツ参加意欲を少しでも高めたいのだが。
・ 高校の部活動では、指導要領の改正に伴い授業時間が7限となり活動時間が大幅になくなり、思うような練習ができない。
・ 学校現場としては、外部指導者による指導は好まないのが現状である。実績(成績)はあがるかもしれないが保護者の批判も出てくることもある。
・ 学校の部活動の位置付けとして、健全育成を優先としている。教師の多忙化で部活動指導ができないのが現状である。また、教師の平均年齢も上がっているし、指導できる教師も少なくなってきている。
・ ジュニアスキーの指導に携わっているが、ジュニア参加者が減少しており底辺の拡大に結びつかない。現在、対策を模索している。保護者の負担が大きくなってきている。
・ 現在は、陸上競技をとおしてスポーツの楽しむこと・スポーツの基礎を指導することを重視している。ジュニア指導者と学校(小・中)の先生との連携が難しい。
・ 指導者不足と言われるが、本当に指導者が不足しているのか。活用方法がすっきりしていないために不足しているのにみえるのではないか。小学生に求めるスポーツ活動は何か
・ 学校部活動の外部指導者(エキスパート事業)は優秀な経歴を持つものが多いが、指導に携わる場合は経歴だけの重視はされないのではないか。
・ スポーツ少年団の活動をみていると、保護者の搬送がないと活動ができないのではないか。多種目の活動が可能になればよいのだが。

G部会
・小学生対象の陸上教室を行っている。指導者が不足しており、育成がなかなかできない。また、小学生対象の大会等が少なく顔を合わせる機会がなく、指導者間の横の連携がとれない。また、小中の連携がないので、学校の先生等にも協力していただいて、連携をとるようにしていきたい。子供たちは周に1回の練習を楽しみにしているので、できるだけたくさん練習させてやりたいが、会場の確保が困難である。
・退職してから自分の健康のために子供たちに卓球を教えている。日本の若者は会社、家族中心で指導者になってくれない。日本の社会は若者を指導者として育てる土壌がない。しかし、クラブの指導者は1人ではできないので、その競技を好きな人から見つけていくことが大切。
・スポーツに関する住民意識調査を行って、ジュニアと部活動がどのように総合型に関わっていくのかを調査している。
・ジュニアの指導者をしているが、指導者不足の原因に指導者としてのメリットがないことがあげられると思う。また、競技成績をあげないと指導者として認められない部分がある。
・長年、熱心にスポ少を指導しておられる指導者が多いが、研修等を受けて指導内容を新しいものにしていこうとする人が少ない。また、拠点施設がないことも問題。
・体協ではチャンピオンスポーツと生涯スポーツの2つのコースでジュニアの指導を行っている。小さい子供はいろいろな種目に触れることが大切ではないか。
・スポーツの指導者はPTAや公民館等、どこへ行っても積極的に参加している人が多い。このことが逆に負担になることもあるのではないか。

5 総評・指導・助言   20:30〜21:00
 「ジュニアスポーツや学校部活動の問題点や課題に対して、総合型地域スポーツクラブ育成での解決の道しるべ」
     助言者  金沢大学教育学部助教授  佐 川  哲 也  氏

 総合型の6つの柱があるが、総合型にとらわれず、今行っているスポーツをよりよい物にするためのヒントだと思えばよい。総合型クラブの設立が重要ではない。地域のスポーツをより良い物にすることが大切。でも今は確かに総合型の追い風が吹いている。
 体協、体指、スポ少などテリトリーを守ってスポーツ活動をしていたのに、また総合型によって子供、指導者を奪い合いするのか。話をして地域のスポーツを考え直す良いきっかけになればいいのでは。
 学校、地域、家庭、これまですみわけして活動してきた。日本は組織第一で来たようだが、これからはヨーロッパ型の、組織ではなく個人としてのスポーツ活動を考えてみてもいいのではないか。組織の立場があるから嫌々活動するのではなく、やりたいスポーツを地域の個人として関わっていくこと。
 青少年の健全育成。学校はスポーツを手段として教育してきた。スポーツの中にある教育、スポーツ教室。子供たちがスポーツをする場は様々である。学校でできること、家庭でできること、地域でできることを考えなくては。
 木の話。スギ林は目標を持ってしっかり管理してこそ、立派な同じ品質のスギが育つ。そこそこの管理では、日当たりも悪くなりやせ細っただらしのないスギになる。雑木林は大きい木もあれば低い木もある。木の種類も様々ある。しかし適度な管理でも、時間をかけて豊かな環境に育っていく。
 これを人間に置き換えてみて考えてみると、地域でのスポーツは様々な人がいて、様々なニーズがある。雑木林タイプである。すぐにできることではないが時間をかけてゆっくり育てていかなくては。

6 閉会の挨拶
   富山県教育委員会スポーツ課生涯スポーツ係長 宮崎 豊

 日頃、富山県の生涯スポーツの振興発展にご尽力いただきありがとうございます。
今日の部会協議では、意見を戦わせる時間が短かったようです。広域や体指などでも総合型についての研修会を開いていますのでその機会にまたお話しいただければと思います。
国の施策から県では週1回以上運動実施率を35%から50%へ引き上げるという数値目標を掲げ生涯スポーツの振興に日夜努力しております。県でも総合型の全県展開、できるだけ早い育成を目指している。
県内の市町村には派遣スポーツ主事が配置されており、総合型の研修会や会合などの研修を積んでおります。ご質問やご意見等をお寄せください。また、富山県広域スポーツセンターでもスポーツ専門員やクラブマネジャーを配置し相談業務や各市町村訪問業務を行っております。ご用の祭は遠慮無く申しつけ活用してください。
 また、インターネットでは広域センターが管理している「とやまスポーツ情報ネットワーク」があり県内のスポーツ情報はもとより、総合型地域スポーツクラブについての情報も満載しておりますので、どうぞご覧ください。
問題点や課題を話し合ういい機会だったと思います。話し合ったことを参考にそれぞれの地域で豊かなスポーツライフを築いていってください。本日はご多忙の中ありがとうございました。


 

戻る