生涯スポーツプランを答申 /小矢部市振興審

平成14年2月26日(火):北日本新聞

 小矢部市スポーツ振興審議会(出合外明会長)は二十五日、楠市教育長に新年度から十年間の第二次市生涯スポーツプランを答申した。

 プランは「生涯スポーツ社会の実現」を目標に、多様なニーズにこたえ、だれでもスポーツに親しめる環境の創造を目指す。

 「青少年スポーツ活動の充実」「リフレッシュ・健康づくりに向けたスポーツ環境の整備」「競技力向上システムの構築」の三つの方向性を打ち出した。

 基本施策として、総合型地域スポ−ツクラブの育成や地域スポーツの日の推進、地域と連携した学校教育・スポーツ活動の充実など仕組みづくりをはじめ、指導者登録制度の整備・活用や指導者養成などの人づくり、各種スポ−ツ教室の開催や「わがまちのスポーツ」の推進なども盛り込んだ。

 市はプランに基づき、教育機関や関係団体、企業などと一体となりスポーツ振興の基盤整備に取り組む。


 

戻 る