総合型地域スポーツクラブの活動紹介/大沢野で講演会

平成14年3月3日(日):北日本新聞

 総合型地域スポーツクラブに関する講演会は二日、大沢野町生涯学習センターで開かれ、県広域スポーツセンターの野原浩昭スポーツ専門員が「新世紀コミニュティー創造への第一歩」と題して話した。

 町体育協会、町体育指導委員協議会、スポーツ少年団などから百二十人が参加した。野原さんは、少子高齢化の中で、公益性、選択性、生きがいづくりなどを育成キーワードに、大沢野町にも総合型の「おらっちゃ型」スポーツクラブが必要だと指摘。全国や海外の事例をビデオで紹介した。

 最後に平野専作町体協会長が、十四年度に同スポーツクラブについて研究、検討していきたいと話した。


 

戻 る