高岡市は通年5か所  /学校完全週5日制で 文化、体育施設観覧料、利用料無料

平成14年2月15日(金):読売新聞

 4月からの学校完全週5日制実施に合わせ、高岡市は14日、5つの文化施設の小中学生の観覧料を、通年無料にすることを明らかにした。土日祝日だけでなく、完全に無料化するのは県内では初めてという。3月定例市議会に条例改正案を提案する。


 無料化は市外の小中学生も対象。同市は既に、土日祝日の小中学生無料化を行っているが、夏休みなどの長期休み中でも児童生徒が歴史や芸術文化に触れられるよう、通年無料化に踏み切ることにした。


 対象施設は次の通り。
 市美術館(中川)=企画展除く、市万葉歴史館(伏木一宮)、市伏木北前船資料館(伏木古国府)、武田家(太田)、市土蔵造りのまち資料館(小馬出町)=4月下旬開館、旧室崎家

 

◎富山市は土、休日に14か所


 富山市は4月から、市総合体育館やファミリーパークなど、14の文化・体育施設について、小中学生の土・日曜・祝日の観覧料や利用料を無料にする。新年度からスタートする学校完全週5日制に合わせた措置。


 これまでも市内の小中学生については第2・4土曜日は無料だったが、新年度からは対象を全小中学生に広げたほか、土・日・祝日に拡大した。同市教委は「文化や芸術に触れたり、家族の触れ合いの場として利用してほしい」と話している。


 対象となる施設は次の通り。
 民俗民芸村(安養坊)、郷土博物館(本丸)、科学文化センター(西中野町)、天文台(三熊)、浮田家(太田南町)、森家((東岩瀬大町)、総合体育館(湊入船町)、体育文化センター(友杉)、東富山体育館(米田)、2000年体育館(天正寺)、庭球場(市内12か所)、市民プール(荒川)、東富山温水プール(米田)、市ファミリーパーク(古沢)。

 

戻 る