県ボート協会 地域クラブ設立へ /競技団体主体は県内初

平成13年6月7日(木):北日本新聞

 県ボート協会は、本年度中をめどに総合型地域スポーツクラブ「JINZU SPORTS CLUB(仮称)」を発足させることを6日、発表した。ボートを競技としてだけでなく、選手から地域住民までが楽しめるよう活動する。競技団体が中心になって運営するクラブは県内初。

 とやま国体を終え、少子化に伴う部活動の競技選手確保といった問題に対し、ボートに親しむ人を増やすてだてとして発足させる。選手の受け皿としての役割も担う。

 インテックなどの企業チーム、八尾高などの学校部活動も加入。トッププレーヤーから初心者までがボートをこげるよう指導し、競技活動を行っていく。ボートのほかにもエアロビクス、栄養学の教室も予定している。

 従来のボート教室なども継続して生かし、住民との交流を広げながら国体で生まれたボランティアのすそ野を広げる。NPO法人格取得を目指し、細入村など周辺自治体とも連携していく。

 

 

戻 る