国体バド選手が児童に手ほどき /魚津・上野方小

平成13年9月23日(月):北日本新聞

 魚津市上野方小学校で22日、トップアスリート巡回教室「みんなでチャレンジ!国体選手バドミントン教室」が開かれた。

 くまもと国体成年女子団体3位の山田潤子選手と平成7年のインターハイ団体優勝の岩瀬美穂選手、今年の全日本社会人大会ダブルス優勝の山田子選手の3人が、児童らにバドミントンの楽しみ方を指導した。

 同教室は、地域スポーツ活性化事業の一環として市教委が企画した。国際大会や国体などで活躍する選手を、学校や地区のスポーツ教室の指導者として招待。

 ハイレベルな技術にふれ、スポーツへの住民の関心を高めることを目指している。

 児童を中心に、住民ら約30人が参加。初心者と経験者とに分かれ、3選手から指導を受けた。

 初心者はラケットの握り方や正しいフォームなどの基本を教わり、経験者は試合形式の練習で、スマッシュやサーブといった技術面を学んだ。

 

 

 

戻 る