目指せJリーガー /小中生クラブチーム誕生  黒部

平成13年9月30日(日):北日本新聞

 小中学生を対象にした黒部市初のサッカークラブチーム「Kurobe・FC」は29日、宮野運動公園陸上競技場で、設立総会を開き、市内外34人の子供たちがJリーガーを目指し初練習した。

 同市が総合型地域スポーツクラブの第1弾として市内のサッカー指導者とタイアップし設立にこぎ着けた。コーチングスタッフには、JFLで活躍するYKK・FCの藤島信雄監督、古前田充ヘッドコーチがアドバイザーで加わり、月2回選手とともに指導する。

 設立総会では、発起人代表の高瀬政行監督が「足かけ3年でようやく小中一貫のクラブができた」とあいさつ。西坂市教育長、森野康夫YKK取締役が祝辞を述べ、藤島監督が「全国に発信できるチームになってほしい」と激励した。

 クラブ発足を祝い、古前田ヘッドコーチらが試合球と選手のサイン入りボールを子供たちに手渡した。引き続き初練習に入り、ボールを使った鬼ごっこやパス、シュートを楽しんだ。

 練習は週3回、同競技場や鷹施中学、YKKで行う。連絡先は市総合体育センター内のKurobe・FC事務局、電話0765(57)2332。

 

 

 

戻 る