県ボート協会が総合型クラブ /JINZU SPORTS CLUB  年内設立、選手育成へ

平成13年6月7日(木):富山新聞

 ―地域と連携  スキー、水泳の講座も  競技団体では初めて―

 富山県ボート協会は6日、ボート競技を柱とした「JINZU SPORTS CLUB」(仮称)を年内に設立することを明らかにした。同クラブは、県が新世紀スポーツプランで推進している総合型地域スポーツクラブを目指しており、来年3月までにNPO法人を取得する。競技団体がクラブを設立するのは富山県内では初めてとなる。

 同協会では、細入村などタイアップしてクラブ設立を図り、だれもが気軽に楽しくボートを漕げる環境を作る方針である。スポーツによる地域の活性化を推進し、企業チームに所属できないOB、OGの受け皿としても機能させる。

 さらに、学校とも連携し、少年期から青年期までの一貫した指導による競技力の向上を目指し、ボートのオフシーズンには、スキーやスポーツチャンバラ、水泳、栄養学などの各講座も開設し、地域住民に広く開放する。

 同協会では、6月中旬から具体的な組織の体制や拠点となる施設を選定し、9月末には設立準備委員会を立ち上げる。村本久男強化部長は「楽しんでもらうことが基本だが、将来的にはクラブからオリンピック選手を出したい」と話している。

 

 

戻 る