スポーツで町活性化 /小杉・町民フォーラム /地域クラブ目指し

平成15年1月20日(月):北日本新聞

 スポーツを通じたコミュニケーションや生涯スポーツの指導体制などを考える「町民スポーツフォーラム2003」が19日、小杉町ラポールで開かれた。

 同町では平成16年3月の総合型地域スポーツクラブ設立を目指しており、一昨年に準備委が発足している。

 フォーラムは、将来のスポーツ環境整備に役立てようと先進地の事例などを聞くもので、体育協会やスポーツ少年団関係者ら約120人が参加した。

 前半は「ふくのスポーツクラブ」(福野町)の水戸明美理事、「遊・Uクラブ」(福岡町)の山崎美恵子マネジャーが「スポーツを通したコミュニケーションづくり」をテーマに話した。野原浩昭県広域スポーツセンタースポーツ専門員がコーディネーターを務めた。

 両クラブから「スポーツ活動が町民の交流の広がりにつながり、町の活性化に大きな役割を担っている」などの報告があり、会場から「学校の部活動とクラブの関係は」などの質問があった。

 後半は、河合彦光福光卓友会ジュニア強化部長や萩行慎一小杉町陸上競技協会理事長、荒木修身県生涯スポーツ協議会事業部長が「途切れのないスポーツライフ」の題で話し合った。

 

戻 る