愛称は『アイウェーブ』 /井波の文化・スポーツクラブ /シンボルマークも決まる

平成15年1月31日(金):北日本新聞

 今春発足する井波町の総合型文化・スポーツクラブの名称が「アイウェーブ」に決まった。合わせてシンボルマークも発表された。

 設立準備委員会が昨年11月から募集していた。名称の部に30点、マークの部には18点の応募があり、名称は山田義弘さん=同町清水明=、マークは山田和美さん=同町院瀬見=がそれぞれ最優秀賞に選ばれた。

 「アイウェーブ」は、アイが井波の頭文字と「愛」、ウェーブが「波」と「勢い、新たな流れ」を意味する。多くの参加を得てクラブを盛り上げ、町に大きな波を起こす期待と希望を込めた。

 シンボルマークは「i」と「W」を基本にした。「W」は町のシンボルの八乙女山の山並みを表現し、かすれ部分は毛筆感とスピード感を出し、文化とスポーツを象徴している。

 最優秀賞の2人には賞状と副賞が贈られた。

 準備委員会では、3月までに会費や開催教室などを決め、4月から会員の募集を開始。5月の設立を目指す。

 

 

戻 る