地域スポーツのクラブ運営検討 /魚津でシンポ

平成15年2月16日(日):読売新聞

 年齢や体力に応じ、誰でも気軽にスポーツを楽しめる「総合型地域スポーツクラブ」を普及させるためのシンポジウムが15日、魚津市のありそボームで開かれた。

 この日は日本体育協会事務局次長の古賀香正さんが講演した後、同市体協や市内で設立された大町、天神の地域スポーツクラブなどのメンバーが参加して、パネルディスカッションが行われた。

 パネリストからは「複数の競技を選択できるようにしたい」「若手指導者の育成が課題」などの意見が出された。古賀さんは「クラブの設立や運営には推進者や支援者が必要。成果が出るのは何十年後かもしれないが、理想をもってやっていきたい」と話していた。

 県内では1月末現在、同市や小矢部市、福野町など6つの自治体にクラブがあり、各地でクラブ設立に向けた取り組みが進められている。

 

戻 る