心地よい運動に汗 /富山・パレススポーツクラブ  /ジュニアセミナーが開講

平成14年4月7日(日):富山新聞

 施設中心型の総合型地域スポーツクラブ「パレススポーツクラブ」のジュニアセミナー合同開講式は6日、富山市内の県総合体育センターで児童ら約170人が参加して開かれ、受講生が早速、心地良い運動にさわやかな汗を流した。

 同クラブは県総合体育センターで開催している各種スポーツセミナー、フランチャイズ団体を核に設立された。一昨年に仮発足後、研究会を重ね、2月24日に役員や規約を設置し、正式な組織として船出した。ジュニアセミナーは陸上、フェンシング、水球、シンクロなど11種類20教室が開催される。

 開講式では、富山スイミングパレス代表の小林福治会長が「それぞれが自分で決めた目標に向かって頑張ってください」とあいさつし、米田喜實雄県総合体育センター長が激励の言葉を述べた。

 早速、活動に移ったセミナーもあり、大アリーナではうんどうだいすきとトランポリンセミナーが行われた。

 うんどうだいすきでは、幼児や児童がフラフープやボールを使った運動を楽しみ、トランポリンセミナーでは、児童が指導員の説明を聞きながら、開脚跳びや抱え込みジャンプなどに挑戦した。

 

戻 る