振興くじの助成来年度78%減に /体協が報告

                                                平成16年 1月 14日(水): 朝日新聞

 売り上げ不振のスポーツ振興くじへの日本体育協会の来年度助成要望が、今年度助成額に比べ78%減の6500万円にとどまることが13日、日体協理事会で報告された。今年度の予算は約3億円で、要望がすべて認められても2億3500万円の減額となる。

体協がスポーツクラブ育成事業
 
日体協が来年度、文部科学省から総合型地域スポーツクラブ育成推進事業を委嘱されることになった。13日の理事会で報告された。地域スポーツクラブの創設が目的で、予算約10億円。今年度はスポーツ振興くじ助成事業だった「創設支援事業」に代わる事業とも位置づけられる。日体協は新たに200クラブの創設を目指す。

戻る