スポーツで交流/魚津 経田地区の住民100人が汗 
            庄川 さまざまな運動120人体験

                                                平成16年 2月 16日(月): 北日本新聞

◇魚津市
魚津市経田地区の異世代交流事業「ニュースポーツとゲームの集い」はこのほど、同市の経田小学校体育館で開かれた。

経田公民館などでつくる学校外活動充実推進会議が企画し、地区の老人クラブ、社会福祉協議会などの協力で実施。児童約30人と保護者、関係者ら約100人が参加した。

全員でキンボールを使ったリレーなどで体を温めた後、児童はユニホック、お年寄りらはバッゴーとスポーツ吹き矢に挑戦した。児童らは寒さを吹き飛ばすような元気の良い歓声を上げながら、体育館を走り回っていた。同公民館で昼食に古代米ととん汁などを味わい、感想を話し合った。

◇庄川町
庄川町のファミリースポーツフェスティバルは15日、町民体育センターで開かれた。町内の親子ら約120人が集まり、さまざまなスポーツを体験した。

交流しながら、スポーツの楽しさを感じてもらおうと昨年に続き、町体育協会などが企画した。3月20日に設立される町の総合型地域スポーツクラブ「アユーズ」を知ってもらうのも狙い。

誰でも取り組みやすいビーチボール、フレッシュテニス、スポーツチャンバラ、フラッグゲームの4種目を用意。体育協会員や体育指導委員が指導した。小学生らは友達や親と一緒に次々と種目に挑戦し、思い切り体を動かしていた。豪華賞品がもらえる玉探しゲームもあった。

戻る