楽しんで汗流そう/NPO法人ふくのスポーツクラブ/来年度は73講座開講

                                                平成16年 3月 6日(土): 北日本新聞

福野町のNPO(特定非営利活動)法人ふくのスポーツクラブは、平成16年度の年間プログラムを作った。「親子で遊ぼうわくわくランド」「アップテンポトランポビクス」など4つの新講座を含む計73の講座を開講するほか、大なわとび大会といった誰もが参加できるイベントを用意した。4月1日から各講座の申込みを受け付ける。

4月から12月まで5回行う健康バスツアーは、交通手段の少ない高齢者を県内外の健康施設へ送り、ウォーキングや水泳、温泉を楽しんでもらうユニークな企画で、行き先も金沢市の兼六園や大沢野町のウィンディ、牛岳温泉健康センターなど多様になった。

講座はキッズ、ジュニア向けから、競技志向者向けまで分かれている。クラブ会員になることが必要な講座もある。会員は現在約3500人で、登録すると、スポーツ施設利用日や体力測定が無料になるといった得点がある。

プログラムはA4版見開き8ページで各講座の内容、特徴が一覧できる。約6000部作り、町内全戸と町外のクラブ員に配布。町体育館にも置いている。問い合わせは同クラブ、電話0763(22)1131。

戻る