市民の健康づくり支援
 新湊カモンスポーツクラブ 130人が設立祝う

                                                平成16年 3月 7日(日): 北日本新聞

スポーツを通じての市民の健康づくりや街の活性化を目的とした、新湊カモンスポーツクラブ(坂本弘充クラブマネジャー)の設立総会が6日、新湊市善光寺の第一イン新湊で行われた。関係者約130人が出席し、設立を祝った。

同クラブは同市体育協会の加盟団体によって構成されている。卓球、バドミントン、エアロビクスなど約30のスポーツ教室を運営。会員は年会費を払って週1回程度の練習に励む。

会では坂本クラブマネジャーがあいさつ。分家新湊市長が「スポーツは体だけでなく健全な心もはぐくんでくれる。市民が元気になるよう期待している」などとあいさつした。

NHKのアナウンサー、山本浩氏による「今、スポーツに求められるもの」と題した基調講演もあった。

戻る