総合型クラブ学ぶ/富山で体協役員ら研修会

                                                    平成15年 12月 7日(日): 富山新聞

 今年度のおらっちゃ型スポーツクラブ育成研修会は6日、富山市の県総合体育センターで開かれ、県内の市町村体育協会役員ら約120人が総合型地域スポーツクラブとのかかわり方について学んだ。

 古賀香正日本体育協会事務局次長が講演、愛知県小牧市体育協会の岩井昭典指導主事が同市の地域スポーツクラブの事例発表を行った。

 古賀事務局次長は、これからは競技スポーツは生涯スポーツを行ううちの一時期であるとの考え方が大切であるなどと説いた。

 県内で総合型地域スポーツクラブは1998(平成10)年に発足した「ふくのスポーツクラブ」を皮切りに現在、21を数える。

戻る