トランポリン5階級 児童ら規定に挑戦 富山で技能認定

                                                     平成15年7月6日(日):北日本新聞

 日本トランポリン協会公認のバッヂテストが5日、富山市の県総合体育センターで行われ、総合型地域スポーツクラブなどで練習する県内の児童53人が、それぞれの階級で技能の認定を目指して規定の技に挑戦した。

 テストは年に2、3回行われており、今回が5回目。技能に応じて5級から1級まで5段階あり、一度に三階級まで受けられる。

 5点満点のうち3点で合格。腰落ち、開脚跳びなどそれぞれ10種目の技を連続してできれば合格する。ジャンプの高さ、フォームの姿勢などをチェックした。1級には5人が受検し、全員合格した。

 福岡町の総合型地域スポーツクラブ、遊・Uクラブの西島望美さん(福岡小2年)は3級に挑戦。「両足をつけるとか、手の位置に注意した。1級になるまで続けたい」と話していた。

 

戻る