地域にスポーツの輪を  10月にも総合型クラブ  
                  高岡で初横田校下  1900世帯に呼び掛け

                                                      平成15年5月30日(金):富山新聞

 高岡市で初となる(※)総合型地域スポーツクラブの設立を目指し、同横田校下体育振興会などが28日夜、横田小で第1回の設立準備検討委員会を開いた。10月に予定する発足式に向けて行う住民アンケートの内容などを協議した。

 (※)総合型地域スポーツクラブ=2種目以上のスポーツ活動が行われ、多くの世代の住民が地域の体育施設などを拠点に、活動を共にするクラブクラブの創設準備やスポーツを通した活動の中で、地域や学校、企業が結束することで、だれもが生きがいを持って暮らせる環境づくりを目指す。

 

 市教委のモデル地区に指定されている横田校下では、同小体育館、グラウンドを拠点に活動するクラブの設立へ向けて準備を進めている。初会合には体育振興会、横田小、児童の所属する各種クラブの指導者で作る学校開放運営委員などから約30人が参加した。

 岡本清右衛門体育振興会長があいさつし、クラブの名称については夏ごろまでに正式に決めることにした。

 6月20日ごろに予定する横田校下連合自治会で、約1900世帯にクラブ員を募集するチラシとアンケートを配布する。現在横田校下で活動するビーチボール、サッカー、バレーボールなどのクラブのほか、新たに取り入れてほしいスポーツの種類などを質問、事業内容に反映させていく。

 参加者からは「トレーニング的なものなども含めて多彩なスポーツを取り入れていけばよい」などの意見が出された。10月26日の予定する発足式までに、組織体制や事業計画、予算案などを決める

 

戻る