総合型地域クラブ考える 県広域スポーツセンター 富山でおらっちゃ型育成研修会

                                                       平成15年8月8日(金):富山新聞

 県広域スポーツセンターの「おらっちゃ型スポーツクラブ育成研修会」は7日、富山市の県総合体育センターで開かれた。出席した県内自治体の生涯スポーツ担当者や小、中、高校の体育、運動部担当者ら約100人が「総合型地域スポーツクラブと学校運動部活動の連携のあり方」をテーマに考えを深めた。

 研修会は総合型地域スポーツクラブに関する情報提供の方法について検討した今年5月に続いて開かれた。この日は日体大講師の大竹弘和氏が「総合型地域スポーツクラブと学校運動部活動の連携」と題して講義した。

 事例発表としてNPOふくのスポーツクラブ(福野町)の木澤元之、冨田貴美夫両氏が剣道ジュニアスクールの取り組み、井波町教委のスポーツ専門員、水口賢氏がジュニアバレーボール教室の運営状況について発表した。

 このあと出席者は大竹氏の助言を受けながら、意見を交換した。

 

戻る