耐久エアロビなど体力に合わせ挑戦 福野でかがやきの祭典

                                                     平成17年2月13日(日):北日本新聞

 NPO法人ふくのスポーツクラブの「かがやきの祭典 スポーツ交流会」が11日、南砺市福野体育館で開かれ、新市となった旧市町村も交え約500人が参加した。

 会員の交流とクラブの活動を多くの人に知ってもらおうと開き3回目。幼児フットサル、卓球、ダンベル、セラピー体操、エアロビクス90分耐久レースなど子どもからお年寄りまで楽しめる多彩なコーナーを設けた。

 ウルトラマンコーナーでは背景画を福野高校美術部、輪投げコーナーは同校ユネスコ部、ストラックアウトコーナーは福野中学野球部がボランティアで協力。参加者は体力に合わせ、好きなコーナーに次々挑戦。冬場のなまりがちな体を鍛えていた。

戻る