スポーツ環境創出へ 富山で集会 全国から1000人参加

                                                      平成17年2月4日(金):北日本新聞

 文科省などが主催する全国集会「生涯スポーツコンベンション2005」が3日、富山市の富山国際会議場で開幕した。全国の自治体やスポーツ団体から約1000人が参加し、4日まで行う。テーマは「豊かなスポーツ環境の創出に向けて」。総合型地域スポーツクラブの育成など、今後のスポーツ振興について考える。

 今年で16回目。スポーツ振興基本計画の策定から5年の節目で、計画の柱の一つ「総合型地域スポーツクラブの育成」に積極的な富山県での開催が決まった。初日は、NHKアナウンサーの山本浩氏の基調講演とシンポジウムがあった。山本氏はスポーツ社会の位置付けの変化、エリート育成の問題点などさまざまな話題に触れ、スポーツ界の課題を示した。シンポでは総合型地域スポーツクラブの運営について議論。財政面の安定と人材育成が課題となっており「補助金なしの運営方法を探るため、マネジャーには経営者としての自覚が必要」「魅力づくりには人材が不可欠で、キーマン育成に努めなければならない」などの意見が出された。

 4日は、総合型地域スポーツクラブの育成、スポーツ施設の運営に導入される指定管理者など5つのテーマで分科会を開く。

戻る