スポーツ少年団のあり方考える 高岡

                                                                                                                      平成16年11月29日(月):富山新聞

 第2回おらっちゃ型スポーツクラブ育成研修会は27日、高岡市の県高岡総合プールで行われ、約100人が講演や研究協議を通してスポーツ少年団のあり方などについて学んだ。

 講演は、群馬県新町のスポーツコーディネーターの小出利一さんが講師を務めた。小出さんは、子供たちのスポーツ環境について「大人が過剰に口出しをしているケースが多い。スポーツ少年団は本来子供たちが自主的に活動する場である」と強調した。

 研究協議では、おやべスポーツクラブ運営委員の沼田秀樹さんやアイウエーブ理事の岩崎修さんが活動事例などを紹介し、意見を交わした。

戻る