生涯スポーツの充実を 富山で初の全国会議が開幕

                                                       平成17年2月4日(金):富山新聞

 生涯スポーツの振興を目指して全国のスポーツ関係者が一堂に会し、意見交換する「生涯スポーツコンベンション2005」は3日、富山市の富山国際会議場で2日間の日程で始まった。

 会議は文部科学省などが主催し、北信越地区では初めての開催となる。テーマは「豊かなスポーツ環境の創出に向けて」で、国や自治体、スポーツ・レクレーション団体、学校関係者ら約1000人が参加した。岩上安孝文科省生涯スポーツ課長、福岡隆県教育長があいさつした。

 初日は基調講演とシンポジウムが行われ、基調講演ではNHK総合放送局アナウンス室エグゼクティブアナウンサーの山本浩氏がスポーツの多様性について紹介。シンポジウムでは池崎和頼県教委スポーツ課長ら4人が総合型地域スポーツクラブの振興策などについて意見発表した。

 4日は富山全日空ホテルと富山国際会議場に分かれて5つの分科会が開かれる。

戻る