「ユニホック」300人楽しむ 魚津 子供たちも駆け回る

                                                      平成17年2月12日(土):読売新聞

 室内で行うホッケーとして注目されている「ユニホック」を楽しむ大会が11日、魚津市の市総合体育館で開かれ、市内の小学生と成人男女合わせて約300人が心地よい汗を流した。

 大会は、初心者でも気軽に楽しめるスポーツを通じて市民の親睦を図ろうと、同市大町校区の総合型地域スポーツクラブが主催しており、今年で3回目。

 プラスチック製のスティックを持った選手たちは必死でボールを追いかけ、得点が入ると応援席からは大きな歓声が沸いていた。半ズボン姿でコート内を駆け回る子供の姿も見られた。

戻る