滴 先見性でスポーツ振興 県教委スポーツ課 池崎和頼氏

                                                     平成16年4月14日(水):北日本新聞

 新任の池崎和頼県教委スポーツ課長は、同主幹からの異動。「理念、理想を持って、スポーツ振興のために先見性のあるアイデアを出していきたい」と抱負を語る。

 総合型地域クラブが、今後のスポーツ行政の鍵を握るとみて、育成を支援する。「生涯スポーツと競技スポーツが共生し、世界で活躍する選手がクラブから育つようになれば」と話す。

 20年ほど前、大沢野町に派遣スポーツ主事として勤務し、視野が広がったという。「地域に献身的な人が数多くいるのがスポーツの特長。協力して仕事を進めることが大事」と考えている。

戻る