ボールは友達  幼児のサッカー教室  小杉町

                                                      平成16年4月20日(火):読売新聞

 こすぎ総合スポーツクラブ「きらり」の1教室として、幼児サッカー教室が17日夜、町立中太閤山小学校で始まった。

 4、5歳児を対象に、年40回予定されている。小学校入学前の子供にも練習する場所を設け、ボールに親しんでもらうのが目的という。

 この日は24人の子供が、ボールを上に投げて両手で受け止めたり、ボールをけって遊んだりした。子供たちは喜々としてボールを追い、1時間はあっという間に過ぎた。

 指導者の清水泰樹さんは「初めての子供も3ヶ月もすると格好がついてきます。サッカーを好きになってもらい、小杉から一流選手が出てほしいですね」と笑顔を見せた。見学していた母親も「サッカーはもちろんスポーツが好きのなってほしい」と話していた。

 教室では随時、会員を受け付けている。問い合わせは、町民体育館きらり事務局(0766−56−6443)へ。(西川秋子)
  
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 身近な話題を、このコーナーに書いていただける女性読者を募集しています。資格制限はありません。応募者全員を「タウンリポーター」として登録し、記事も随時受け付けています。
 問い合わせは、読売新聞富山支社(076−441−2888)へ。
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

戻る