子供から高齢者まで10種目12教室で汗  立山町

                                                      平成16年6月1日(火):読売新聞

 総合型地域スポーツクラブ「スポーツFunたてやま」が4月からスタートし、受講生がさわやかな汗を流している。

 子供から高齢者まで幅広い年代の会員は現在、200人余り。ビーチボール、エアロビクス、太極拳、ソフトボール、リズム体操など計10種目、12の教室が町内の各施設で開かれている。

 中高年層の女性の参加が目立つが、元気にエアロビクスに通うお年寄りや、太極拳に取り組む若者らも。

 クラブでは今後、土、日曜日を利用して、より多くの子供たちが参加することを期待している。人数が少なくて、団体競技に取り組めない小学校の児童たちにも活用してほしいという。

 青山雍夫会長は「ストレス解消や若さを保つためにも、何かを始めてみたいと思っている方は気軽に参加して、楽しんでほしい」と呼びかけている。問い合わせは立山町教委社会教育課(076・463・1121)へ。(村井ユリ)

戻る