ほのぼの@タウン みんなで“はしろっと” 「きらり」の陸上教室が人気 
                        陸上競技の上級者がボランティアで指導

                                                      平成16年7月21日(水):読売新聞

 ◇小杉町 こすぎ総合スポーツクラブ「きらり」の「はしろっと陸上教室」が毎週木曜日の午後7時〜9時、小杉中学校グラウンドで行われ、スポーツを楽しむ子供らでにぎわっている。

 教室は7歳の小学生から50歳代後半までの約70人が登録し、陸上競技の上級者らがボランティアで指導している。もも上げや器具を使った基礎トレーニングなどをした後、練習に入る。小学校低学年の子供たちは、低いハードルのジャンプや、リレーなど遊び感覚のメニューをこなし、歓声を上げている。

 「走るのが大好き」「運動会で早く走りたい」「いろんなスポーツをしてみたい」など参加の目的は様々。陸上だけでなく、別の種目で活躍している子供もいて、中には相撲の全国大会に出場する子もいるという。

 指導者の一人は「陸上が大好きな人たちが集まり、子供たちと一緒に楽しんでいます。子供たちは走るのが好きなんですよ」と話している。

戻る