うおづ総体スポーツクラブ 弾んで心身リフレッシュ
                                                    平成17年10月22日(土)北日本新聞

 総合型地域スポーツクラブ「うおづ総体スポーツクラブ」のクラブマネジャーを務める岡崎朋子さんは、だれもがいつでも気軽にスポーツを楽しめる環境づくりを目指している。

 数あるスポーツ教室の中の「トランポリンビクス・ウォーキング」を体験取材した。エアロビクスにトランポリンを取り入れた有酸素運動だ。直径86センチ、高さ20センチ、重さ6.5キロのジョグ(ミニトランポリン)を使用し、リズミカルな音楽に合わせ、楽しくエクササイズを行う。ジョグを使用することで、ひざや腰への負担が少なく、子どもからお年寄りまで簡単にできる。

 ジョグを使用して念入りなストレッチとウォーミングアップで始まり、岡崎さんのパワフルなトークと軽快な音楽で自然にテンションも上がってくる。気付けば汗びっしょりで、身体も心もリフレッシュされる。みんな「岡崎マジック」にかかって楽しそうだった。
                                 (井村大樹 大海寺新、ミラージュランドスタッフ)

 

戻る