安定した運営方法学ぶ 富山で総合型地域SC研修会
                                                    平成17年11月14日(月)北日本新聞

 県健康スポーツ財団は12、13の両日、富山市の県総合体育センターで総合型地域スポーツクラブ育成・定着研修会を開き、運営に携わるクラブマネジャーなど約30人が、安定した運営のノウハウを学んだ。

 スポーツを通じた人材育成を進めている宮崎英寿さんが講師を務めた。事業のマンネリ化や準備期間不足などが問題になっているクラブも多く、各クラブの実践事業をまとめた資料を対象に、数字だけを取り出して客観的に評価した。

 宮崎さんは「これまでの事業を数字で評価することで、問題点もはっきりし、次の事業のためにしっかりした計画を立てられる」と説明。参加者は互いのクラブ運営について、積極的に意見を交わしていた。

 

戻る