ゲームを通し市民交流 小矢部でスポーツクラブフェス
                                                   平成17年11月28日(月)北日本新聞

 おやべスポーツクラブフェスティバルは27日、小矢部市民体育館で開かれ、幼児から78歳まで市民150人が参加し、スポーツを通じた交流の輪を広げた。

 同クラブは平成12年に総合型地域スポーツクラブとして発足した。年間50教室を開講し、約1800人の会員がいる。教室の枠を超えて会員同士がふれ合う場を設けようと、初めてフェスティバルを開催した。

 テレビの人気番組を参考にスポーツの要素を取り入れた五種類のゲームをこなす「おやべフレンドパーク」を企画した。参加者は家族や友人、教室の仲間同士で五人一組のチームをつくり、カローリングやボール運びゲームなどに挑戦した。
 社会人ホッケーの男子強豪チーム「小矢部RED OX」の選手9人が運営に協力し、ゲームでじゃんけんの相手をするなど参加者と交流した。

◇おやべフレンドパーク成績@奥田・笹島チームAみんなチームB福町C野沢ファミリーDウォーキングシルバー

 

戻る