子どもたちの隠れた力探せ 福野・スポーツテスト
                                                    平成17年12月11日(日)北日本新聞

 南砺市福野地域の総合型地域スポーツクラブ「NPO法人・ふくのスポーツクラブ」は10日、市福野体育館で、同地域のスポーツ少年団員を対象にスポーツテストを行った。子どもたちの隠された力を発見しようと初めて開いた。北日本新聞社後援。

 野球や柔道、バドミントンなどを習う約100人が、バスケットボール投げや後ろ飛びなど6種目に取り組んだ、国立スポーツ科学センター(東京都)の齋藤実スポーツ情報研究部研究員と常盤大(茨城県)の小澤聡コミュニティ振興学部専任講師が動きの速さや強さなどそれぞれの運動能力を分析し、子どもたちにアドバイスした。

 スポーツ少年団の指導者や保護者を対象とした研修会もあり、江戸川大(千葉県)の守屋志保講師(スポーツ心理学、富山高出身)が「めざせベストサポーター☆スポーツをする子どもたちへのサポート」と題して講演した。

 

戻る