入善で柔道教室 井上康生選手が指導 夢持ち技と心鍛えよ
                                                     平成18年1月22日(日)北日本新聞

 シドニー五輪100キロ級金メダリストの井上康生選手の柔道教室が21日入選町武道館で開かれ、入善、朝日、宇奈月町の小中高生150人が世界一の技に触れた。

 入善町総合スポーツクラブ「スポーツクラブ入善」が2月末に発足することを記念し、町体育協会などが開いた。

 井上選手は、多くの大会で優勝できたのは、だれよりも強くなりたいという目標を持ち続けたからだと述べ、夢を持って技と心を鍛錬することが大切と訴えた。
 敗北やスランプを克服した時に技術的にも人間的にも向上できるとし、自身も「北京五輪でもう一度金メダルを取りたいという目標を持って頑張っている」と話した。

 実地の指導では、得意技の大外刈りなどを披露した。足をまっすぐ大きく振り上げるなどポイントを説明し、「技を返されないよう相手の体制をしっかり崩すことが大切と」述べた。打ち込みや投げ込みの基本練習をしっかり行うよう指導した。
 乱取りでは、あこがれの金メダリストと組みたいと、大勢の子どもたちが井上選手を取り囲み、少しでも技をかけようと懸命に挑んだ。

 

戻る