地域スポーツクラブ設立 住民の健康・体力増進
                                                     平成18年2月27日(月)北日本新聞

 総合型地域スポーツクラブ設立総会や発足記念イベントが26日、県内各地で行われ、関係者が地域住民の健康と体力増進に思いを寄せた。

一輪車演技披露で祝う 下・まいけ
 射水市の旧下村のしもむらスポーツクラブ「まいけ」の設立総会は、下村公民館であり、地域に根差した総合型地域スポーツクラブとして発足した。
 総会では、設立準備委員代表を務めてきた栂尾慧さんを理事長に選び、副理事長には芝田次男さんと近藤保之さんが就いた。栂尾理事長は「多世代、多種目、受益者負担、自主運営、拠点施設の5つをクラブの柱として活動していく」とあいさつした。
 記念式典では、分家市長、高橋久和射水市議会議長らが祝辞。
 記念イベントとして、下村小学校の樋上綾華さん(5年)、樋上万由子さん」(5年)ら6人の児童が、一輪車の演技を披露した。

 

愛称考案した中野君に賞贈る 舟橋・バンドリー
 舟橋村の「舟橋文化スポーツクラブ」の設立総会は、舟橋会館で開かれた。愛称を「バンドリー」とし、近く会員募集を始め、4月から活動に取り組む。 
 年齢。性別、体力にかかわらずスポーツや文化活動の振興を目的に発足。前原英石初代会長をはじめ役員を選任し、愛称を考案した舟橋中2年生、中野省吾君に最優秀賞が贈られた。
 前原会長は「地域に根差し、だれでも気軽に参加できるクラブとして、明るく元気な地域づくりに寄与したい」と力強くあいさつ。金森村長、中田文夫村議会議長、米田喜實雄県体協専務理事が祝辞を述べ、県広域スポーツセンターの白倉香理サブクラブマネジャーが記念講演した。
 事務局は舟橋中学校体育館に置く。問い合わせは電話076(464)1456

◇役員▽顧問=杉田勲▽副会長=酒井英登、角谷裕子▽クラブマネジャー=高見要宇子、五日市史子

 

理事長に北氏 五箇山クラブ
 五箇山スポーツクラブの設立総会が26日、南砺市西赤尾町(上平)の道の駅上平ささら館で開かれた。理事長に北博通上平地域体育協会長を選び、18年度の事業計画などを決めた。役員の任期は2年。
 新年度はスキー、バドミントン、バレーボールの各ジュニア向け教室に加え親子体操、ビーチボール、ボートなど9教室を開く。仮会員の約80人が登録している。
 設立準備委員会長の北理事長が「一人でも多く入会してもらい、地域の発展につなげたい」とあいさつ。溝口市長、米田喜實雄県体協専務理事が祝辞を述べた。アテネ五輪レスリング銅メダリストの田南部力さんの記念講演もあった。

▽副理事長=羽馬信夫、中谷有秀▽理事=北真知子、原田ゆかり、中井昇、下崎久麿、宮崎茂夫、酒井一明、岩崎義雄、羽馬喜佐雄、横井勇昭、竹原恭子、田中進、吉田勉、中口一夫、中谷真人、岩瀬濶▽監事=藤井廣美、酒井浩徳

 

戻る