母子で護身術を学ぶ  大島つばさ保育園 小杉署が指導
                                                     平成17年10月21日(金)富山新聞

 大島町で来年2月に総合型地域スポーツクラブを発足させるため活動している「おおしまスポーツクラブ設立準備委員会」では20日、同町の大島つばさ保育園で親子護身術教室を開き、講師の小杉署員らが園児と母親に不審者対策などを指導した。

 今年4月に同保育園の総会でクラブをPRした際、保護者から「クラブで護身術や合気道はあるのか」との質問が出たのをきっかけに、同署生活安全課と大島町駐在所の協力を得て試験的に催した。

 会場には園児や母親らが集まり、不審者対策を勉強した。園児らは、不審者に声を掛けられたり、つかまりそうになったときの大声を出す練習を行い、母親らは表克好大島駐在所長から、不審者との距離をとることや大きな声で助けを求めることなどの指導を受けた。

 

戻る