氷見 総合型地域スポーツクラブ「ふれんず」を設立
                                                      平成18年2月12日(日)富山新聞

 氷見市の総合型地域スポーツクラブ「ふれんず」の設立総会は11日、同市ふえあいスポーツセンターで開かれ、スポーツ教室やスポーツイベント開催えお通じて、老若男女が広くスポーツを楽しめる地域づくりに努めることを申し合わせた。

 総会では、規約や収支予算書のほか、スポーツ教室を通年で実施することや、スポーツ交流大会を開催することなどを承認した。人材育成を目的に、指導者を対象にした研修会開催も決めた。

 会長に就任した同市体育協会専務理事の脇信明氏が、スポーツが青少年育成や体力向上、健康維持など大きな役割を担っているとし「一人でも多くの会員を募り、生涯スポーツの振興、地域活性化に努めたい」とあいさつした。

 堂故茂市長、山本秀市議会副議長(堀江修治議長代理)、米田貴實雄県体協専務理事も祝辞を贈った。総会に先立ち、スポーツジャーナリストの二宮清純氏が「地域における総合型スポーツクラブのあり方」と題して講演した。

 

戻る