南砺8クラブが連携 会長に大西氏 協議会を設立
                                                       平成18年3月5日(日)富山新聞

南砺市総合型地域スポーツクラブ連絡協議会の設立総会は4日、同市のア・ミューホールで開かれ、市内8クラブの関係者が相互の連携と活動の活性化を誓った。会長には大西清征NPO法人ふくのスポーツクラブ理事長が選ばれた。

 連絡協議会は1998(平成10)年に県内で初めて発足したふくのスポーツクラブなど旧8市町村ごとに組織された総合型地域スポーツクラブの連絡と親睦、クラブの円滑な運営を目的に設置された。8クラブからなる連絡協議会は全国的にも珍しいとされる。

 総会には山辺美嗣県議や梧桐角也市教育長、桜井光雄市体育協会長ら約70人が出席し、新年度事業や役員を決めた後、大西会長が「知恵を出し合い、お互いに切磋琢磨して全国一のクラブをつくっていきたい」とあいさつした。続く溝口進市長は「約7500人の会員は市の人口の1割を超えているが、3割まで増加するよう期待している」と述べ、北島秀一郎県議、倉一雄議会副議長も祝辞を述べた。

▽副会長 水口迪(NPO法人クラブJoy理事長)米倉宗嗣(利賀SC理事長)
▽幹事 井口邦雄(NPO法人福光SC理事長)荒井猛(井波文化SCアイウェーブ理事長)辻清市郎(たいらSC会長)梅原健治(いのくちSC会長)北博通(五箇山SC理事長)
▽監事 武田和一(NPO法人福光SC副理事長)岡部孝雄(たいらSC副会長)
▽事務局長 寺井克明(NPO法人ふくのSC事務局長)

 

戻る