会員の姿いきいき映像で ふちゅうスポーツクラブ
                                                     平成17年8月15日(月)北日本新聞

 いきいきと活動するクラブの会員の表情を映像で市民に伝えようと、富山市婦中町の「ふちゅうスポーツクラブ」(柞山明代表)は、上婦負ケーブルテレビの協力で活動の紹介番組を制作し、随時コミュニティーチャンネルで放映している。14日は柞山代表が同局を訪れ、15日から放映する番組の最終チェックを行った。

上婦負CATVが放映 きょうから薬師登山紹介

 ふちゅうスポーツクラブは平成16年3月に発足し、会員は現在約700人。スポーツ教室や年齢を問わず参加できる各種セミナーをはじめ、会員のナチュラリストと一緒に登山や自然散策を楽しむ自然体験教室を開いている。

 活動は年2回発行の機関誌、ホームページで紹介しているが、会員の表情や活動の魅力を紹介するには、地域に密着したケーブルテレビの活用が必要と考えた。会員がデジタルビデオカメラで撮影し、同局で編集している。これまでに8本制作した。15日からは、7月に行った薬師岳登山の模様を紹介した番組をすることになっており、14日は柞山代表と同局の小林拓郎さんが番組内容をチェックした。柞山代表は「美しい大自然や知り合いの活動ぶりが見られるなどと好評だ。今後は地域のスポーツニュースを扱った番組を作りたい」と意気込んでいる。

 

戻る