井口の自然 歩いて満喫  − 南砺 合併後初のウォーキングフェス − 

 

  〜 親子150人 城端、吹くのからも 〜   
                                                     平成17年6月6日(月)富山新聞

 井口地域体育協会といのくちスポーツクラブの「井口ウォーキングフェスティバル」(富山新聞後援)は5日、南砺市大野の集いの広場を発着点として行われ、親子連れ約150人が赤祖父湖畔の約8キロコースを散策した。

 昨秋の新市誕生後、初めてのフェスティバルとなり、井口地域だけでなく、城端や福野から訪れた愛好者も交流を深めた。

 開会式では梅原健治協会長・クラブ会長と堀豊次市議があいさつした後、園児からお年寄りがそれぞれスタートを切り、椿公園や赤祖父湖、丸山など地域の豊かな自然を満喫した。

 2時間前後で集いの広場に戻った参加者は、ニュースポーツのストラックアウトやビンゴ大会を楽しみ、ボランティアの高岡龍谷高校生4人と触れあいを図った。

戻る