スポーツの楽しさ指導 射水で研修会
                                                   平成18年11月27日(月)北陸中日新聞

 県内の総合型地域スポーツクラブの指導者らが一堂に集い、スポーツの指導法などについて学ぶ「『おらっちゃ型』スポーツクラブ育成研修会」は26日、射水市戸破の市小杉文化ホールで開かれた。
 日本体育協会のスポーツ指導者養成事業の一環として、県体育協会と県公認スポーツ指導者協議会が主催した。日本体育協会公認のスポーツ指導者の資質向上などを図る「県公認スポーツ指導者研修会」と同時開催された。

 この日は、県内のスポーツ団体の関係者ら約300人が出席。社会人野球チームの大阪ガス元監督の長野哲也・同社リビング事業部大阪リビング営業都市開発チームマネジャーが「これからの総合型クラブを支える公認スポーツ指導者の役割」と題し、講演した。
 長野さんは「(地域総合型スポーツクラブでは)子どもの体力に応じて一つずつ段階をつけて技能を身につけるよう指導し、スポーツの良さを存分に感じさせてあげて」と指導法をアドバイスした。
 この後、「これからのスポーツ活動に必要なこと」というテーマで、長野さん、岡澤祥訓・奈良教育大学教育学部教授らによるディスカッションもあった。

 

戻る