魚津 400人心地よい汗 県女性健康・スポーツ交流会
                                                    平成18年11月27日(月)北日本新聞

 県ウィメンズフェスティバル健康・スポーツ交流大会は26日、魚津市のありそドームで開かれた。テレビなどで体操指導者として活躍している長野信一日本体操研修所長が講演と実技指導を行い、約400人の参加者が心地よい汗を流した。

 気軽にできる健康スポーツを通して、健康で元気な男女共同参画社会を目指そうと、県と県女性団体連絡協議会が毎年、県内各地で開いている。閉会式で沢崎市長が歓迎の言葉を述べた。
 参加者はまず、血圧や体脂肪などの健康チェックを受けた。引き続き、長野さんが「心と体、いききと」をテーマに講演。体操を通して筋力や柔軟性をアップさせ、生活習慣病を予防していくことの大切さを話し、実演では「みんなの体操」の動きを丁寧に教え、全員で実践した。チューブを使ったトレーニング方法なども指導した。

 うおづ総体スポーツクラブの「体力貯筋運動の集い」も行われた。

 

戻る